助手が博士にカレーうどん食べさす話

作者 島野とって

悟性と止揚

  • ★★★ Excellent!!!

近代哲学おいて精神の悟性段階と定立と半定立との統合である止揚の段階は大変重要なプロセスです。
カレーうどんに対する博士と助手の考察は正に定立と半定立。
カレーうどんの揚棄を経て、博士の裸に価値を見出す様はまるで絶対知の暗喩のよう。
性癖とはかくも業深き…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

田中角栄さんの他のおすすめレビュー 4