サイソウ

作者 咲祈

夢の残滓、再び

  • ★★★ Excellent!!!

かつて「私」が身に付けた高校の制服を纏い、堤防に立ち、
すらりとした黒髪の彼女は、透き通った声で歌をうたう。
その姿を、声を、「私」は懐かしむ。
その懐かしさの正体は一体何なのか。

忘れ去ったつもりでいた7年前、高校時代に見ていた夢。
今の自分は、当然の選択の果てにここに立っているはず。
美しく、どこか儚い文体で綴られる現実と夢の狭間に、
彼女が再び吐き出す歌は、どんな今と未来を描くのか。

差し挟まれる詞がすごく好き。
すごく刺さる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

氷月あやさんの他のおすすめレビュー 340