紅ノ雪(KURENAI NO YUKI) ~赤鬼と黒い蝶

作者 ayane

28

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★ Very Good!!

――

2017/622 76話時点でのレビュー
 まだ完結していない……
 話数は多いですが、物語的には中盤に入った頃、という時点でのレビューです。

 内容的には現代から戦国時代へのタイムスリップものとなります。
 設定的には決して珍しいものではありません。
 ただ、この作品を読ませる力はどこにあるのか……
 それは、あらゆる描写が丁寧に描かれている点でしょう。心情、環境、そのキャラがどのような感情のすえにその選択を選び進んだのか。
 ともすれば勢いや設定だけで突き進みがちな作品が多い中、ここら辺がとても丁寧に描写されていて好感です。
 あと、設定的には男性向きですが、内容は女性読者にこそ惹かれる、あるいは魅せられる設定だと思います。
 ただ、丁寧な分……人によっては序盤が辛いと感じる方もいるかもしれません。

 が、この物語が盛り上がるのは戦国最強の『うつけ』との絡みでしょう。どのように心惹かれるのか、あるいは絆は引き裂かれるのか……非常に気になります。

 さて、長く書きましたが、今後はどのように展開していくのか、続きを楽しみに待たせて頂きます。
 更新・完結後に星をまた送らせて頂ければと思います。

★★★ Excellent!!!

――

57話まで読了でのレビューです。

現代から戦国時代にタイムスリップしてしまう物語ですが、登場人物達の繊細で壊れてしまいそうな、それでも生きて前に進もうとする心の描写が、次はどうなるのだろう?とドキドキする展開と同時に描かれています。

現代のエピソードの丁寧な描写により、タイムスリップした主人公紗紅と彼女の姉が、波乱の戦国時代でどうなってしまうのかを見届けずにはいられなくなってしまう物語です。



さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました