雪海の剣闘機:サグクマの神

作者 青葉台旭

フォロー 1話目から読む

見渡す限り広がる雪の海。その上に浮かぶ円盤型巨大閉鎖階層国家の物語 青葉台旭

あらゆる物質が沈んでいく雪の海。
その海の上に浮かび続けるには「流力素」(フルーエレン)を使った浮遊装置が必要だった。

人々は直径二百キロメートルの閉鎖階層国家の中で生まれ、育ち、そして高さ十五メートルの人型兵器「雪上剣闘機」に乗り、戦い、死んでいった。

*このシリーズについて。
「雪海の剣闘機」シリーズは、二足歩行人型兵器が登場する、いわゆる「リアル系巨大ロボットもの」の物語ですが、主題は「あらゆる物質が沈んでしまう雪に覆われた世界と、その上に浮かぶ巨大構造物に住む人々を描く」ことです。
 それゆえに「雪海の剣闘機」と題しながら、いわゆる巨大ロボットが出てこなかったり、出てきても背景としてほんの少ししか描写されない物語も含まれます。
タグに「ロボットシーン多」「ロボットシーン中」「ロボットシーン少」「ロボットシーン極少」「ロボットシーン無」と書きますので目安にしてください。

目次

連載中 全1話

更新

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

雪海の剣闘機:サグクマの神

@aobadai_akira
執筆状況
連載中
エピソード
1話
種類
オリジナル小説
ジャンル
SF
タグ
雪海の剣闘機 ロボットシーン無
総文字数
1,461文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
0人
応援コメント
0件
小説フォロー数
0

アクセス数