とある作家の創作戦訓

作者 ながやん

リアルで切実。プロ志望者は一読の価値が。

  • ★★ Very Good!!

この道を目指す者が憧れるであろう、新人賞デビューから書籍化という作家は、五年後にプロであることを辞めた……理由は本当に『本人の無能』に集約されるのだろうか? チームとなる編集全般の話、出版の流れ、絵師さんとの関係、読者との距離の取り方等、リアルで切実だった。創作をするすべての人びとに、どこかで何かしら響くものがあるだろう。筆を折ろうとする理由は様々だろうが、プロとして続けていくためには『本来の能力・努力』に『運』や『流れ』というものも取り込んでいかねばならないのだという難しさを切に感じる。特に感銘を受けたのは『卑屈』がいかに危険であるかという段。終始リアルでありながらも客観的に過去を振り返ろうと努める著者は、また立ち上がってくれるだろうか。今後を応援したくなった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ピリカさんの他のおすすめレビュー 101