不幸女子的恋愛論

伍島 未づ来

プロローグ

 最後に会ったのは半年ほど前。



 それから何の音沙汰もなく久しぶりに会うことになった。





 いい大人だからもう分かっている。

 この恋は終わっている。




 それでもちゃんと終止符を打ちたいのだと誘いに応じた。

 



 が、





はると幸せになりたいんだ。結婚してほしい」





 予想の斜め上行く突然のプロポーズ。






 


 もちろん一目散に、逃げ出した。




 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

不幸女子的恋愛論 伍島 未づ来 @mizuki5

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ