10万の『あ』

作者 いましん

95

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

これは、ホラーですね。
終わらない「あ」の配列。スクロールする指はどこで終わるのかと、疲れ出す。
そうして終わらない「あ」の集団をくぐり抜けると、そこには「あ」とがきだ。

ぜひ、あとがきを飛ばして読んでしまう方も、飛ばさず読んでほしい。
何故ならば、ゲシュタルト崩壊を引き起こした作者の言葉があるから。

そして、読み終わったあなたが「あ」に恐怖するだろう。
本当に、「怖っ」と思いました(笑)

★★★ Excellent!!!

どこまでも続く文字の羅列。寸分違わない、全く同じ文字による大群。何が伝わってくるのか、どう言う内容なのかも覆い隠すほどに延々と続くひらがなの海。

それをたっぷり読み終わった後に続く独白のような「あ」とがきが、よりその奇妙さを際立たせます。

きっとこれを読み終えたあなたもあたしもあすからあきらかにあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ…

★★★ Excellent!!!

まず、ありきたりに思いつきそうだが、こういう場では誰もやらなかった(やらかさなかった)事に果敢に挑戦したことに拍手。そして、このぶっ飛んだ小説を唸らせる解説。

おそらくこれは小説本として商業の世界に出ていけるかというのは悩ましいが、一つの芸術スタイルとして立派に成り立っている。発想の勝利とはこういうことを言うのだと思う。


で、「あ」以外はないですよね・・・・・ないですよね・・・・・。

★★★ Excellent!!!

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

作者の近況ノートを彷徨っていたら「ひょっとして?」と思ったので、ページを開きました。
或る意味、凄い。強者。武士。いや、単なるテロリストか? だって、この作品からは何も生まれないだろう? もしかして生まれるのか?
本文を見た後の「あとがき」が面白い。フライングして先に読まないように。
作品評価とは別次元で、入浴中に爆笑できたことに星3つ。

★★★ Excellent!!!

発想が斬新すぎます(笑)
無機質で色のない無数の「あ」を眺めながら画面をスクロールすることに不思議と楽しさを覚えます。
ただ勢いで書いただけかと思えば、あとがきの方が力が入ってて驚きました。10万字以上なのにも関わらず、スラスラ進めて、すぐ読み終わっちゃいますね。
「あ」っという間に。

なんちゃって。

Good!

やっぱりどこをどうみても「あ」しか書いてない。でも画面をスクロールさせていくうちに脳が錯覚する。「あ」「め」「お」「ぬ」その他ひらがな、もしかしたらこれは意味のある文章が入っているのでは…という錯覚、そこがホラーだとおもう。見るのはすぐなので体験してもらいたい。