カクヨム専用短編 『七分間の幸福』

作者 くさなぎ そうし

デジャヴを感じてしまいました。

  • ★★ Very Good!!

 あふれかえる棚に、びっしりと並ぶDVDやコミック。その背表紙の上に、見覚えがある鳳凰のマーク。角川のマークだ。小生が昔務めていたレンタルショップ。小生が思ったことは、たぶんこの作者も感じているのではないだろうか。
 「どうして、こんなにも物語が溢れているのに、あの作品はここにないのだろう?」
 もしくは。
 「どうして自分の作品はここにないのだろう?」 
 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夷也荊さんの他のおすすめレビュー 765