続々々・おめでとう、俺は美少女に進化した。

作者 和久井 透夏

とんでもない始まりから…

  • ★★★ Excellent!!!

「おめでとう、俺は美少女に進化した。」の4作目ですが、作品紹介からぶっ飛ばしています。

 章単位のタイトルから不穏な空気が漂っています。

 本来ならあり得ないだろう話から、どうしてこうなったの?という感じです。もっともこれがこの作品の面白いところでもあります。登場人物の発想がみんなぶっ飛んでいて(主人公含む)、斜めに進んでいきます。そしてみんなズブズブと沼にはまっていくのです…読者も。

 個人的にはもっと続いて欲しい作品です。
とはいえこれにて一段落というところでしょうか?

 テーマ的には「家族」でしょうか?
少々どころか変わった家族というか良い意味では本当に家族思いなんでしょうね。

お幸せに!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

からさんの他のおすすめレビュー 269