忍ぶ川にあやかりて

作者 芳賀 概夢

そう、電気ブランはしびれるようなお酒なのだ。

  • ★★★ Excellent!!!

はじめて神谷バーに行ったときのことを、鮮やかに思い出しました。
うーん、なんだか悔しいなぁ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

長岡清十さんの他のおすすめレビュー 7