イーデルト・クローデリアと夜のおはなし

作者 いうら ゆう

76

28人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

幸せの一ページです。
描写がとにかく細かく素晴らしい!

神の使い子であり、異界の迷い子のイーデルト・クローデリア。

この世界観に一気に引き込まれる読者が殆どなのではないでしょうか?
私もその1人で、読み始めた瞬間からめちゃくちゃ面白そうだと確信するレベルでした!

短編ですが、必ず後悔しない幸せの物語。
あなたも手に取ってはいかがでしょうか?

★★★ Excellent!!!

 自分は一体何者で、何をしたいのか。何をしていいのか。
 それを考えずに生きている人も多いでしょう。だからこそ、それを考えなければいけなくなったとき、何を考え、どんな結論にたどり着くのでしょうか。

 歪な瞼をもって生まれたイーデルト・クローデリア。そのために祝福される「神の使い子」か、疎まれる「異界の迷い子」か、夜の明主に回答を求めることになります。
 私は一体どちらなのか? と問う彼女を明主は「自分で決めろ」と突き放します。
 初めて自分で選ぶ権利を与えられた彼女は戸惑い、考えるのです。
 私は何物なのか。何者でありたいのか。

 不器用で優しい夜の明主。
 本の世界しか知らないイーデルト・クローデリア。
 そんな2人の夜だけの語らいは、周囲が夜闇に包まれているということを忘れるほどあたたかいものです。

 視点はイーデルト・クローデリアですが、選択したのは彼女だけでなく夜の明主も同じ。そう思うと、とても微笑ましい気持ちになります。
 とくに、おまけにとても癒されました。真っ暗な夜も2人であれば、寂しいものではないのだろう。
 そう思わせてくれる美しくて、やさしい神話です。

★★★ Excellent!!!

イーデルト・クローデリア。神に祝福されながら、異形の姿を持つ娘。
どちらが本来の姿であるのかを
決められないまま生きてきた少女に対して、夜が告げるのは「自分で決めろ」ということば。良いなあとおもいました。誰でもなく、決めるのは自分だと。

異形の姿であることを苦しんでいた彼女に、最後に優しいのが夜なのが、とても好きでした。

★★★ Excellent!!!

今日の東京は、明け方に雷がなって大粒の雨がふって、雨がやんだら春でした。

仕事が終わって帰る頃にはすっかり春の宵で、たまたまこの話を見つけて読んだのですが、今夜この物語に出会えて良かったです。

舞台は春ではなさそうですが、それでもこれは春の宵の物語でした。

素晴らしかったです。ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

うつくしい色違いの双眸に、閉じかかった瞼。
少女イーデルト・クローデリアは、自らの行く先に悩み、三大神の神殿を訪ねます。
朝の盟主に『いらぬ』と言われ、昼の盟主に目を伏せられ。次に向かったのは、夜の盟主の元でした――。

タグどおり、「神話風味」「昔話風味」なお話です。
少しずつ互いの距離を縮めていく、イーデルト・クローデリアと夜の盟主。
二人のほのぼのとした交流のなか、やがて訪れる「選択」に、イーデルト・クローデリアはどう動くのか。
ぜひ読んで確かめてみてください。

また、「イーデルト・クローデリアと夜のおはなし」という絵本のようなタイトルが素敵です。
これは広く語り継がれているお話なのでは、と思うと、この物語が語られるまでの経緯や、二人の反応が気になってきます。
優しい二人の物語のお陰で、読後にとても穏やかな気分になれました。

★★ Very Good!!

イーデルト・クローデリア、という名の語感が美しく、声に出して呼びたくなります。

美しく醜く、人々にあがめられ疎まれる双眸を持つ娘は、神の使い子か、それとも異界の迷い子か。
自らを定められぬ娘は、夜の盟主の神殿を訪れて伺いを立てるが、夜の盟主は答えを返さず猶予を与える。

十五まで屋敷に閉じ込められ、本ばかり読んで育ってきた娘が、姿の見えぬ夜の会話を重ねるうちに抱いた望み。
美しい夜の恋物語です。



あ、あと、夜の盟主の不器用っぷりに萌えます。