【短編】君はゴジラの聲。

作者 壱原優一

269

108人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この物語のヒロインは、朝っぱらからメール一つで主人公の家にやってくる。たすけて! とピーチ姫のように主人公に頼って大粒の涙をこぼすのである。
かわいい、かわいいヒロインだ。
……一点をのぞいて。
しかしその一点におけるおかしさと、奇矯さがまたヒロインを引き立てるから不思議なものだ。
※以下私信。

作者さん、わたくしには見えておりました。
ダークブラウンのツインテールヒロインが紺色のブレザーとチェックのプリーツスカートとハイソックスでへたりこんでる姿が。
でっかい目から光をはなち、口から火を噴く姿が!
後半、脚色しました。ごめんなさい。
でもこれって、<俺のラノベ>で特別賞獲得なさったんでしょ?
笑っていいお話ですよね? 脳が破壊されるかと思いました。
ぶっちぎりです!

★★★ Excellent!!!

2016年夏、オタク界を震撼させた作品群……の全てを掛け合わせた出落ちタイトルに惹かれて本文をクリックすると、
「幼馴染の声がゴジラになる」
というやはり出落ちの思いつきを爽やかにまとめた青春ショートストーリーが描かれている。
色んな意味で、よくこんなものを書こうと思ったものだと感心させられる。

★★ Very Good!!

こんばんは(^^)
新参者兼青二才の岩井喬と申します。

タイトルで『はっ! これは拝読せねば!』と思い、現在に至ります(笑……というか爆笑)

主人公とヒロインの言葉のキャッチボールが『いい意味で』軽く展開され、『確かに大惨事だ……』と思いながらも最後は丸く収まるという、綺麗な短編の形だったと思います。

『聲の形』は未見なのですが、
『シン・ゴジラ』>『君の名は。』は確定事項と思われます(岩井の独断と偏見による)。

早くBlu-rayでないかな……。
って脱線しそうですね(^^;
失礼いたしました。

★★★ Excellent!!!

正直レビューしようか迷いました。
だって、タイトルとあらすじだけでめちゃくちゃ面白いじゃないですか。
これはずるいです。

私もタイトルに惹かれて作品ページに飛び、あらすじを見て吹き出しました。
フォローしておいてあとで読もうと思っていたのですが、そんな考えは遥か遠くへ消え、すぐさま読み始めました。

内容も期待を裏切ることのない面白さです。
そんなわけで、皆様も私のレビューなんか読んでないでさっさとこの作品をンギャアアアグオォォッ!!!

★★★ Excellent!!!

この作品にレビューするなんて、野暮以外の何物でもない。ですが、敢えて書かせて貰います。
タイトルだけで腹がよじりきれるかと思いました。

その中身は笑いあり、最後には胸キュンありと素敵な内容になっています。

3分程度の内容にこれだけのものを詰め込んだことに敬意を示さざるをえません。

これを書いてくれて本当にありがとうございました。と、こちらが感謝したいくらいです。

★★★ Excellent!!!

しかも内容とちゃんと一致してるのが小憎たらしい。
そして強烈な出落ちから、こまやかに散りばめられたギャグへ。
特にルビを使ったギャグも秀逸で面白かったです。
そしてラストで綺麗にまとめてくる感じがまた素晴らしい。
気軽に読んで楽しめる良作でした。
ありがとうございます。

★★ Very Good!!

ラブコメもの。

タイトルを見ただけで吹き出してしまったほど、インパクトのある作品です。もう詰め込みすぎてどこから突っ込めばいいのかわかりません。しかもネタ系の作品であるにもかかわらず、ちょっといい感じに話が終わるのがまた憎い。

タイトルに惹かれた方、読んでみてください。