ニートの俺が異世界転生して勇者となってチートの力を使って世界を救っていたある夜のこと

作者 狼狽 騒

107

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

いろいろな意味で心が痛い一品。
しかし、これでダメージを食らうのは、やはりああした世界がご都合主義であることをよくわかっているからなんですよね。
そこを逆利用する魔王、策士です。
気持ちの良い世界に浸るのも自由なら、それを壊すのも自由。
辛くもありますが、それでいてある種のカタルシスも得られる作品です。

★★★ Excellent!!!

電車の中で読了。途中、わらいをこらえるのに必死だった。
だが、しだいに、怖くなった。この作品は、単なるネタを超えた、何かをもっているのではないだろうか。そう思った。
肉親の存在感は、フィクションを突き破るチカラを秘めている。
チートの剣には笑ってしまいました。最高です。
おかあさんは大切にしなければなりません。

★★★ Excellent!!!

明かされる真実――かと思いきや……まさかの魔王様。二段落ちですが、最初の一段がものすごい破壊力。そして、二段目で魔王様の策士っぷりに背筋が震えます。こんな魔王様がいたら、『異世界に転生した』勇者なんて太刀打ちできません。読者の心胆を寒からしめる傑作です。

★★★ Excellent!!!

「チート=無敵」
 強大な力は全ての悪を打ち砕く!

 そう思われがちですが、そこには意外な盲点があったのです。

 チートは結局、強大な「力」に過ぎず……
 後は自身で読んで確かめてみてください。
 チートものを良く読む人程ハッとすると思います。
 お見事でした!

★★★ Excellent!!!

キャッチコピーの如く、文字通り「全ての転生ものに宣戦布告」するにふさわしい、人によっては非常に背筋がぞっとするであろう内容の作品です。

現実世界が嫌になった、現実と向き合うのを放棄した者たちにとっては、どんなチートな力をもってしても絶対に通用しないであろう恐ろしい脅威。どこまで耳を塞ごうとも目を覆っても迫りくるこの光景から逃れるのは、よほどの奇人でない限りは不可能かもしれないですね……。

そして、それらの内容を踏まえた上でラストまで一気に読み進めれば、これが「現実世界」ではなく「異世界」の視点で描かれた理由が鮮やかに分かるかもしれません。
もしかすると、この作品内におけるチートは勇者ではなく……?

★★ Very Good!!

まさかまさかの多段落ちに、思わずニヤリと笑ってしまいました!
在り来たりと言って良い序盤、どんでん返しの中盤、そして……。
この調子で、どんでん返しが続いて言ったらどうしようと、言葉とは裏腹にニヤニヤして読んでしまいました。

後半のやり取りが余りにも淡々としていて、それも面白く感じました!
実際にそんな計画が立てられていそうですね!