魔王に奪われたモノを取り戻す物語 

作者 狼狽 騒

119

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

発想がいいですね!

ラブコメに必須のエロが発生するのに、それに欲情できない。

元あったものに対して、当たり前が当たり前ではない、という発想はまさに異世界だからできるのでは、と感じました。

コミカルで軽快なやりとりもグット!

次の作品に期待して、星3つ送らせて頂きます。

★★ Very Good!!

 これはファンタジーなのだろうか? いや、広義の上でファンタジーだ!

 そして、色々と奪われてますな。出来れば私も肩こりを魔王ちゃんに奪っていただきたい。

 何かと台無しなストーリーだけど、最後は不思議な優しさに包まれます。(あくまで最後だけで、大半がひどいけどw)

 緊張感や悲壮感を粉々に打ち砕いてくれるストーリー、是非、笑いたいときに読んでください。

★★★ Excellent!!!

性別を魔王に奪われたセイが暴漢から助けてくれた二人とともに魔王退治に向かう話。男の一人は魔王に性欲を奪われ、もう一人の女は羞恥心を奪われた。圧倒的チートな強さでセイを護りながら魔王の城へと……
と、いった一見シリアスムード満点な装いとは違ってエロネタ飛び交うコミカルなファンタジー。だからサクサク読めます。
魔王の居所もネット検索で一発判明だし……血湧き肉躍る大冒険はブルーレイで楽しむことにして(^^)そんな魔王の正体と目的には驚愕です。
そして、セイの正体。シリアルです。ラストにきて思わず唸りました。
少し変わったヒロイックファンタジー。ぜひ皆さんも御一読を。

★★★ Excellent!!!

書き出しは、お? マジメなファンタジーか? と思わせつつの大暴投!
終始ノリの良いボケとツッコミで笑わせてくれます……が、この作品の良さはそれだけではありません。
物語の構成が秀逸で、後半の伏線回収がすばらしい!
いや、後半もギャグの鮮度は落とすことなく提供してくれるのですが、そこで語られる真実にツッコミつつもなるほどーと妙に納得。
最後は、いいお話だったなあ……と思わせるほどのキレイなまとめ。

個人的には「ジュウハッキン!」の効果音で吹いてしまいました。
これ卑怯でしょう……!

★★ Very Good!!

とりあえず初っ端から奥歯に指突っ込まれて脳みそガタガタ言わされるような怒涛のギャグの嵐!

服を脱がせて!

呑み込まれてぐるぐるされた先に待っているのは下ネタが飛び交うようで飛び交ってないという、ぎりぎりを攻め続ける、いや責め続ける展開!

服を脱がせて!

そのハイテンションに読者もガンギマリになった頃に訪れる……しんみりとした展開。これはもう読んでみるしかない!

服を脱がせて!

ポロリホロリボロン。これでこのレビューはおしまい。

★★★ Excellent!!!

いい話だった……なんだろう、最後にじんときた……。
「自分に足りないもの」を求めよ。でも「他人が恵まれてるもの」を羨ましがるな。
奪われたモノを取り戻す…足りないモノのために戦う。足掻いて生えぬいて、足りなかったものは生まれかわる。そんな教訓を(えっ)含んでいて胸があついです…。
されどヤングアダルトです……R15! R15ですよ、お客さま……!(笑)

★★ Very Good!!

なんだろう。
単なるふざけたような話しにも一見見えていたのに…後半の怒涛の巻き返しで全て攫って行く。

なんという、恐ろしいストーリ性。
なんでやねん!!と最初勢いよく突っ込めていたのに…

後半で…勢いよく突っ込めなくなってしまう。
なんという、まとめ方。
うん、読んでくれ。

★★★ Excellent!!!

人の「何か」を奪う魔王。
魔王を倒す度に出る主人公。

その道のりはボケとツッコミ満載の旅。
主人公サイドの漫才ぶりには、本当に楽しませて頂きました。

さて物語は軽快なテンポ(?)で進むのですが、最後。ラストシーンはじんわり来ます。

……禿げ頭のおじさんは一体誰だったのでしょう?

★★★ Excellent!!!

冒頭から、ぶっ飛んだキャラクターと、ぶっ飛んだストーリー展開! そして、おじさん……

物語に入りやすいRPGストーリーが、ノリの良さと、さらに笑える下ネタで、一気にラストまで読めてしまいます。
絵的に、一瞬心配になりましたが、そこは配慮があったので、漫画でも大丈夫でしょう。むしろ、漫画版も読みたくなりました。
ちなみに、あのおじさんは、絵的に、愛されキャラのかわいいおじさん(?)が似合うのか、思いっ切りキモくした方がいいのか、悩みます。(なぜ、私が悩む!?)

読み進めるごとに、この作品が、ボケとツッコミ、ノリだけではないとわかります。
意外な伏線の回収、説得力(笑)、読み手の予想を良い意味で次々と裏切る飽きの来ない展開と演出、構成等、構想がきちんと練られていて、作品を非常に巧くまとめられている作者様の力量には、驚かされ、尊敬してしまいました。

ラストに向けて、ぶっ飛んだキャラたちがカッコ良く思えていき、明かされる真実……! 感動しました!

素晴らしい作品です!
未読の方は、是非、お読みになってみてください!

★★★ Excellent!!!

「あるモノ」を奪われた少年少女の一行が、奪った魔王を討伐に旅する物語。という、単純明快なお話ではありません。
衝撃のラストシーンへいたるまで、一気に読み進めることをお奨めいたします。という、ありがちなレビューでは語れません。

まあよくぞこの物語を創造されましたこと!
オモシロオカシク性表現をされており、視線はやはりそちらに向きがちでありますが、物語のバックボーンはかなり真面目です。
好き放題に巻き散らかされたはずのエピソードが、終盤に音を立てて収束され、読み手の溜飲を下げます。

最初はニヤつきながらご覧になるも、ラストではホッコリと幸せな微笑みに変わること請け合いです。

★★★ Excellent!!!

悪逆非道の魔王が人々から「何か」を奪い、混乱を植えつける世界。
少年は、青春そのものともいうべき、世にも類稀なエネルギーを奪われた。
少女は、少年への愛ゆえに、一つの大きな隠し事をした。
特別な力を神から授かった少年と少女とともに、人とは違う「ボク」は、魔王を倒す旅に出る。

なんて王道な、心躍るRPGストーリー。

なのに何故、かくも無残に素敵なハイテンション&ローポジションなコメディになっちゃうんでしょうか(誉めてます)。
言葉遊びの会話術はえげつなくも巧妙(誉めてますよ)で、キャラクターもまた残念すぎるあたりが魅力的です(誉めてますってば)。

ないわー。
超絶おもしろかったぞ、このヤロウ!

★★★ Excellent!!!

魔王討伐ものを装ったコメディもの。

ええ、この擬音は読んだ人にはわかります。わからない方は是非一読を。ちなみにこの擬音、思わず吹き出してしまった箇所です。この作品、全編通してコメディ色の強い内容で、笑いながら読んでいたらいつの間にか読み終わってしまうほどです。この軽快なノリで繰り広げられる会話劇は一読の価値ありです。

そしてセイをはじめとする登場人物の設定も素晴らしかったです。そのキャラクター造形はコメディだけではなく、意外な形の伏線として物語に関わってきており、読みながら「なるほど」と唸ってしまいました。このキャラクターの作り込み、お見事です。

全体的に下ネタが多い作品ですが、恐らく幅広い層に受け入れられるものとなっております。下ネタ好きの方はもちろん、そうでない方も是非読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

これ程レビューに困る作品に出合う事は、そうそうあり得ません!
何処から触れても、何かネタバレになってしまいそうで、この作品を紹介する言葉に苦労させられます!

下ネタが含まれますので、そちらが苦手な方は兎も角、それらも含めてギャグ作品として非常に面白おかしく読む事が出来ました。
しかしそれだけでは無く、後半は想像以上に……ああ、言えない……。

誰が、何が、何処が、どれが、もう何から何までちゃぶ台をひっくり返す様な展開は想像以上です。
そもそも、タイトルから裏切られました。
てっきり魔王に何かを奪われて放逐された主人公が、それを取り返す為のシリアス物語かと思いきや、全く違う方向からのアプローチだったのですから。
それにあらすじの「健全なファンタジー」!その前に掛かれている事と矛盾してますよね!?ねっ!?

それだけ色々と詰め込まれているのに、作品として綺麗にまとめられているのには驚きました。

非常に素晴らしい作品でした!

★★★ Excellent!!!

コメディー展開でひたすらマシンガンのように物語が進んでいきます。あれよあれよとクライマックスまで進んでいきます。
ですが最後になってなんかいい話のような気がしてきます。
これでいいのかと思いながら、ちょっと感動的な読後感があります。
ネタばれ防止のため詳しくは書きませんが…

★★★ Excellent!!!

物語で一番生き生きとしていたのは、あのおっさんさんではないかと密かに思う私なのですけれども。
それはさておき、物語の核心部分ではなかなかにどんでん返しのイベントが盛り込まれているご作品です。
もう読んでしか言えないのですけれど、「なるほど」と思わせてくれるまとまりの良さが確実にありますので読了をおすすめします。

コメディの世界観だけでは終わらない物語がお話のクライマックスに控えています。
笑いだけではない感情の揺さぶりが物語を物語としてくれています。
そして、タイトル通り「魔王に奪われたモノ」が始終関わりある物語だったのも好印象でした。

念のために補足すると常に楽しい物語です。だから、最後もハッピーになれる。そのようなご作品です。
プロローグの終わりは次をめくりたくなりますよ、と言って一読いかがでしょう。

★★★ Excellent!!!

 ギャグ作品だと思ってたのに!
 休む間も脈絡もなく次々に撃ち込まれるギャグや下ネタ、
 ツッコミのセイが大活躍する笑いっぱなしのファンタジー作品だと思ってたのに!
 後半の急展開は何だーっ!!!
 これはズルい!ズル過ぎる!!
 今まで読んだ作品の中で断トツの衝撃でした!
 何で今まで評価されてこなかったのか不思議です。
 是非、この素晴らしい緩急を体験してみてください(^_^)

★★★ Excellent!!!

いやー笑いました!

魔王に何かを奪われるという設定がおもしろいなと思いましたが、読んでみるとそれ以上におもしろいものがあってビックリしました。

彼らの漫才は最高ですね!!

そしてラストに向けて話の雰囲気が一気に変わっていきます。
そのあたりも実に上手く作ってあって、最後まで楽しく読むことができました。

彼らが魔王と邂逅したときに何が起こるのか、ぜひ読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

 ニッポンという地名が出ながら、神魔王がいて、明らかに違う世界。小洒落た会話でストーリーが進んでいく。ふと感じたのは、日本昔話ではなく、アラビアンナイト。たくさんある不思議な話の一つ、という印象です。個人的には近況ノートにある乱歩風のショートショートのほうが好きですね。しかし、その教師には一言、言ってやりたいものです。芋虫には、男尊女卑や国家と個人の関係性、権力と大衆性などの問題が、エログロという道具を使って表現されているのです。だからこそ、当時の軍事政権はこれを発禁処分にしたのですよ。政府にとっては都合の悪いモノだったのです。貴殿は文学というものを理解してらっしゃらないようだ、とその教師には言ってやりたいものです。つうか、作品と関係ない話をしてすいません。失礼いたします。

★★ Very Good!!

 絵が付くとアカン、てな感じのKENZENなお話です。

 基本、語り部以外ボケです。大変だな語り部!!

 読んでいるとそんな気持ちにふつふつと。

 レビュー冒頭で、絵が付くとアカン、とか書いててなんですが、漫画で見たくなるお話でもありました。

 以上です。レビューでした。

★★ Very Good!!

性欲と羞恥心と性別をそれぞれ奪われたパーティ三人のファンタジーものです。

ジャンルとしては現代アクションの異能ものに近い感じではありますが、それぞれ奪われたものにちなんだ能力が上手く設定されています。

終始貫かれるギャグテイスト、健全なネタの数々、そしてバトルシーンと、必要なものは全て余すことなく拾ってきています。

魔王とは何なのか、一体何が目的なのか……まだまだ想像は膨らみますね

★★ Very Good!!

色んなものを奪い取る魔王の設定、いいですね。
何を目的としているのか全く分からない恐怖。

恐怖です、ボケ2人のような組み合わせが生まれてしまうのですからw
ツッコミが加わるまではどんな不毛なやり取りをしていたのか想像もつきません。

それぞれの欠けた物を説明する事情は分かり易いですが、全裸で向き合う3人という構図は冷静に考えるとシュールでした、何やってんの、とw

3人目なのに3人称が使えない子は本当にただのツッコミ能力者なのか、ツッコミだけで過酷な戦いを勝ち抜けるのか。

今後を楽しみにさせていただきます。