読んだらダメな異世界小説だからな、読むなよ? ふりとかじゃないぞ、ほんとに読むなよ?

作者 犬のニャン太

199

82人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 タイトルからは想像もつかないオチと作品そのもののメッセージに愕然とする読み手は幸福である。「読むな」という警告を無視したことに喜びを感じる者は不幸である。
 自分はどちらに属するのか、知るのが怖いという人は、決して読んではならない……。

 読む人の立場によって、同じ読み手でもその時の気分によって、解釈が様々に変わり得る深いお話でした。

★★ Very Good!!

読むのは能動的な行為だからいつでもやめられる。のに、読むなと言われると読んでしまう。主人公の語りが軽妙すぎて、途中でやめろというのも無茶な話だ。僕は読んでよかったと思うけれど、人によっては後悔するかもしれない。覚悟ができた人だけ読んで欲しい。

★★★ Excellent!!!

読むな、読むなと言われて素直に戻ろうとしたあなた、
とりあえずは読んでほしい

あれですね。前の振りからしたら合わせちゃいけない組み合わせのコンボでした
いや、いい意味で。
他の感想を見たらわかりますが、涙腺が熱くなる人絶対います

★★★ Excellent!!!

「見るな」と言われれば人は見る。「開けるな」と言われれば人は開ける。私もそんな人間の性に抗えずにこの小説のページを開いた者です。
私、ここまで本作を読むことに対して否定的なフレーズをお書きになられているので、一体どんな笑いを魅せてくれるのだろうと期待して開きました。
はい、見事に裏切られました。笑いなんてほんの少ししかありませんでした。それでも十分なんですけども。
しかし、このフレーズ通りの結末を迎えてしまった私、そんなに嫌な気分じゃないです。むしろ良い気分になりました。
己の性に負けて私の気持ちを理解するも良し、自我の抑制に本作の存在から叛くも良し、見るか見ないかはあなた次第です。

私はこの作品、好きです。

Good!

 なんかすごく気持ちが分かるわ。

 レビューでネタ晴らしをできないから避けるけど、最近の私の境遇と重なるところがあって、異世界より大事なことっていうのがすごく分かる。

 最後の言葉、ジンと来たぜ! 良い仕掛けの小説でした。テンポ良く読めました。