GM規格128音色に対する楽器の解説書

作者 神崎 諳

丁寧な文章に、楽器への愛を感じます。

  • ★★★ Excellent!!!

楽器とは無縁の生活をしていますが、こういった方々がいるから現代の音楽を楽しめているのだと、つくづく痛感しました。

一つ一つの楽器に対する解説は職人芸のように細かく、愛がなければ書けるものではありません。

僕自身も、感覚を扱う仕事をしているので、筆者のように研究を重ねる部分があり、共感し、レビューさせて頂きました。

また最近読んでいる『羊と鋼の森』を思い出し、楽器には演奏者以上にそれを扱う人が支えている、という目に見えない物語を感じました。

またよらせて頂きます。ありがとうございます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

くさなぎ そうしさんの他のおすすめレビュー 764