アスペルガー+ADHD=大体あがつま ゆい(2018年度版)

作者 あがつま ゆい

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 終わりに 作者からのささやかな願いへのコメント

    すべて拝読し、とても共感しました。
    ありがとうございました。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。コメントおよび最後までの閲覧真にありがとうございました。
    いただいたコメントはすべて目を通しております。


    >司教様のお言葉、心に染みますね。

    こういう真の意味で人を救うのも人ならば「障がい者は不要」という一言でジェノサイドをやらかすのもまた同じ人間なんですよね。人間って不思議。


    >私もこれは実践しています。とても有効だと思います。

    お役に立てたそうで何よりです。聞き返さずに事故を起こすと余計に
    迷惑をかけるので気にしないでいいと思いますよ(実体験済み)


    >マルチタスクを抱え込むのも、人に頼るべき場面でそれをしないのも、ロクな事に繋がりません。

    本当にろくなことあえりませんよ。それは(これも体験済み)


    >カレンダーアプリの使用で、私はかなりの改善があったように思います。
    便利な機能は使うべきですね。

    最近はスマホ1個あれば大抵のことは何でもできるようになったので便利になりましたよね。科学の力ってすげー。ってやつですね。アラーム機能は本当に便利です。


    >「でも、身体の病気じゃないんだから、頑張れるでしょう?」と言われた時は「う〜ん」と思いました。

    ありますねそういう事。具体的に手足が無いとか盲目とかいう身体障害と違ってこういうのは認知されにくいんですよね。


    >いじめを受けて育ってきた発達障害者って、少なくありませんよね。

    最近はいじめを受けると脳の発育が歪んで発達障害の傾向が出るんだとか……卵が先か鶏が先かの話になりますが恐ろしい話です。


    >動物病院勤めの私は、飼い主さんへの説明を描いたり書いたりしながらする事が多いです。自分の頭を整理して説明するためですが、飼い主さんにも好評だったりします。

    なるほど動物病院勤めでしたか。絵だと飼い主さんにもわかりやすくて安心できるいい手法だと思います。


    >すべて拝読し、とても共感しました。ありがとうございました。

    こちらこそ最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

    2020年6月3日 19:11

  • 第65話 共存するためにして欲しい事:…へのコメント

    動物病院勤めの私は、飼い主さんへの説明を描いたり書いたりしながらする事が多いです。
    自分の頭を整理して説明するためですが、飼い主さんにも好評だったりします。

  • 第62話 共存するためにして欲しい事:…へのコメント

    いじめを受けて育ってきた発達障害者って、少なくありませんよね。

  • 第61話 共存するためにして欲しい事:…へのコメント

    「でも、身体の病気じゃないんだから、頑張れるでしょう?」と言われた時は「う〜ん」と思いました。
    相当、頑張っているつもりだったんですけど、まだ足りないと思われたようです。

  • 第57話 円滑に過ごす処方箋:付箋とス…へのコメント

    カレンダーアプリの使用で、私はかなりの改善があったように思います。
    便利な機能は使うべきですね。

  • 第55話 円滑に過ごす処方箋:要領の悪…へのコメント

    おっしゃる通りですね。
    マルチタスクを抱え込むのも、人に頼るべき場面でそれをしないのも、ロクな事に繋がりません。

  • 第54話 円滑に過ごす処方箋:聞き返すへのコメント

    私もこれは実践しています。
    とても有効だと思います。
    ただ、以前職場にいたアスペルガーを持つ別の人は、周りに聞こえないように耳打ちされた事を大声で復唱して、白い目で見られていた事もありましたね。
    もしかしたら、私も自分で気付かずにそういう状態になっている時もあるかもしれません。

  • 第53話 役に立つ人間だけしかいらない…へのコメント

    司教様のお言葉、心に染みますね。
    それにしても、この事件の犯人はメチャクチャな思想の持ち主でした。
    何をどうすればこんな人物に?
    と思いましたが、確かにネットで匿名の場に行けば、それに賛同する人間がぞろぞろいるのが驚きです。

  • 第52話 自立支援医療制度へのコメント

    この制度、知らない人が結構いますよね。
    本当に国の制度は「知らないヤツが悪い」のスタンスですから、情報弱者は生きていけませんね。
    極限まで困窮しているのは、大抵は情報弱者ですが…。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。 コメントはすべて拝見しております。

    >精神科は今でも精神科と名乗っていると思いますが…。

    私のところは心療内科と名乗ってる所が多いので場所にもよるのでしょうね。



    >いますね。精神科医は患者を薬漬けにして廃人にすると、本気で信じている人。

    というか実際にやたらと薬ばかり投与する乱暴な治療を行う医者もいるんですよね。
     精神的な病じゃないですが風邪ひいた時にそういう医者にあたって薬だけは大量に出された経験あります。



    >私も発達障害がわかった時、重度のうつ病とも診断されました。治療の甲斐があり、うつ病の方は随分と改善されたと思います。

    良かったですね回復傾向にあって。



    >障害者手帳を手にした事によるデメリットが一つありました。

    それは知らなかったです。勉強になりました。



    >この制度、知らない人が結構いますよね。
    >本当に国の制度は「知らないヤツが悪い」のスタンスですから、情報弱者は生きていけませんね。

    本当に情報を知らないことが命取りになることも決して珍しくはない世の中ですので「知らないを知らない」ってのが結構致命的なんですよね。

    2020年5月28日 17:34

  • 第51話 障害者手帳と障害年金へのコメント

    障害者手帳を手にした事によるデメリットが一つありました。
    “麻薬施用者免許”という麻薬に指定されている薬剤を患者の治療のために使う資格を手放したのです。
    この資格は「薬物中毒者でない事」と「精神疾患がない事」が条件です。
    医療系勤務の場合は、障害者手帳のリスクは皆無ではないようです。

  • 第47話 それは病気ですへのコメント

    私も発達障害がわかった時、重度のうつ病とも診断されました。
    治療の甲斐があり、うつ病の方は随分と改善されたと思います。

  • 第44話 薬ヤバくね? いやヤバくねえへのコメント

    いますね。
    精神科医は患者を薬漬けにして廃人にすると、本気で信じている人。
    ちなみに、私は減薬チャレンジ中です。
    長年続けた眠剤を少しずつ減らすために、体慣らし中。

  • 第42話 診療内科に行こうへのコメント

    精神科は今でも精神科と名乗っていると思いますが…。
    私の行くクリニックも精神科だし?(・・;)

  • 第38話 ムカシがぶわーっとへのコメント

    私もフラッシュバックは酷く、日常生活に支障を来たしています。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    きっかけが無くても突如やってくるし、きっかけがあると余計にリアリティにあふれる映像が流れてくるのは本当につらいですよね。

    私もたまにそうなるのですが背筋に電撃が走るような感覚になりますね。

    2020年5月25日 21:35

  • 第35話 「まるちたすく……?」へのコメント

    マルチタスクは私も非常に苦手で苦労しています。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    同時並行は苦手ですよね。私も何度やっても慣れないものです。

    2020年5月22日 18:21

  • 第31話 覚えられないへのコメント

    短期記憶は私も弱いと言われました。
    カウンセラーさんには「それを無理やり長期記憶で補っているところがある」と言われてましたが。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。応援コメントありがとうございます。
    いただいたコメントにはすべて目を通しています。

    >「発達障害持ちで天才」はとーっても稀な存在ですが、メディアはそういう人達をクローズアップしますからね。
    本当にそうですね。そもそも天才なんていやしねえ、って話です。

    >度が過ぎれば障害にしかならない事は、なかなか認知されませんね。
    感度が高すぎるのも問題なんですよね。
    「超記憶症候群」と言ってあまりにも記憶力が良すぎて嫌な記憶やトラウマを忘れられない。という人もいるそうです。

    >それがそんなに簡単なら、誰も苦労していません。
    その通りですね。こういうの私はあまり表ざたにはしませんが、結構カチンと来るんですよね。こういう言い方。

    >カウンセラーさんには「それを無理やり長期記憶で補っているところがある」と言われてましたが。
    某脳トレゲームによると70代の短期記憶を20歳の処理速度でカバーしてるそうなので似たようなものかもしれません。

    2020年5月18日 19:09

  • 第29話 個性を活かせ?それが出来りゃ…へのコメント

    私も「個性を活かせ」と言われた事あります。
    芸術的な才能が必ずあるはずだと決めつけられて、趣味で文章を書いている人と知ると「小説家になれば良いじゃない」と。
    それがそんなに簡単なら、誰も苦労していません。

  • 第24話 集中できない頭のノイズへのコメント

    私は過集中がヒドイのですが、これを言うと「集中力があっていいね」と言われてしまいます。
    聴覚過敏も「耳が良いのは羨ましい」と言われました。
    度が過ぎれば障害にしかならない事は、なかなか認知されませんね。

  • 第21話 偽アスペとかふざけんじゃねえ…へのコメント

    「発達障害持ちで天才」はとーっても稀な存在ですが、メディアはそういう人達をクローズアップしますからね。

  • 第16話 想定外が何より怖いへのコメント

    プレゼンは苦手ですが、今の仕事ではやらされる機会があり、悩んでいます。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。コメントありがとうございました。すべて読んでます。

    正直私もプレゼン苦手ですね。やったことが無いというか今の職業ではやる必要が無いと言いますか……。

    多分アガってなにも言えなくなると思います。

    2020年4月15日 18:05

  • 第14話 「そこは機転を利かせて臨機応…へのコメント

    私は事務の経験はありませんが、やはり難しいと思います。
    飲酒店のウェイトレスやコンビニ店員は挑戦した事はありますが、クビになりました。

  • 第10話 過去 現在 未来 グッチャグ…へのコメント

    私もフラッシュバックは多くて悩みます。
    何年も前の事だとかは関係ないんですよね。
    それが頭の中で再生されているのは「今」だから。

  • 第9話 不治の病へのコメント

    「精神科=薬漬けにされる」というイメージの人は確かにいますね。

  • 第8話 うるせえええ!!!!(感覚過敏)へのコメント

    私も聴覚過敏に悩んでいます。
    赤ちゃんの泣き声もかなり苦手なので、夫と相談の上、子供は作らない事にしたのですが、「他人の子供の声はうるさくても、自分の子供なら大丈夫だから。子供嫌いなんて産めば治るよ!」と言われ、「う〜ん」と思いました。
    聴覚過敏を含む感覚過敏は、知らない人が多いですね。
    説明はしましたが、わかってはもらえませんでした。

  • 第63話 共存するためにして欲しい事:…へのコメント

    はじめまして。今お付き合いしている彼が、アスペルガー症候群ではないかと…と言うか確信しております。
    認めていきたいと思うのに…アスペルガーと気づく前に沢山傷付いた自分が出て来て「悪気がないのだから」と言い聞かせてみても、歩み寄れないのです。私の傷付いた理由を伝えても彼に分かってもらえなかった現実が何度もあり、伝える事を諦めてしまって…。自分の感情を抑えながら、なおかつ認める…と云う事が今の私にはとても難しいです。辛く、悲しく…虚しくなってしまうのです。彼は悪くないのに、どこかで責めている自分がいるのだと思います。悪意がなければ何をしても良いのか?と……。とりとめもないメッセージですみません。大変勉強させていただいております。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございました。

    随分とつらい経験をなされたようですね。

    なるべく第3者、それもできるだけあなたや彼氏さんと離れた第3者を介したほうがよろしいかと思います。

    可能でしたらあなたが心療内科に寄ってお医者さんに彼氏さんが該当してそうで悩んでると相談するといいかもしれません。

    2人だけではどうしようもない場合は2人だけで悩んでも解決策が出てくる可能性は低いでしょう。なるべく多くの人の手を借りたほうが近道かもしれません。

    2020年3月23日 18:23

  • 第6話 そこにあるあれ取ってきて←地獄…へのコメント

    私もあれそれこれではわからないので、職場で言われた場合は「その指示は私には理解できません」と言ってしまいます。
    多分、扱いにくい人物と思われています。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございました。

    おっしゃるように「こそあど」言葉は鬼門ですよね。
    私も何とか理解できるよう努力はしてますが人並みには行かないようでして。

    2020年3月20日 19:33

  • 第4話 俺はイチローでもエジソンでも織…へのコメント

    はじめまして。
    よくわかる気がします。
    私も発達障害があるのですが、「発達障害のある人は天才的な能力があるはず」と勘違いしている人が身の周りにいて、困惑しています。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    「発達障害は特別な人だ」っていう認識がいまだに抜けてないんですよね。
    「普通の生活」を送る上では「並以下」なんですよね……。

    2020年2月10日 17:40

  • 第44話 薬ヤバくね? いやヤバくねえへのコメント

    ここでは主題ではないのはわかっていますが、異常行動はただのインフルエンザの症状の一つです。タミフルのせいというのは間違いであると現在ははっきりしています。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございました。

    ご指摘ありがとうございます。問題の個所は修正しました。

    2019年12月1日 11:56

  • 第47話 それは病気ですへのコメント

    僕はずっと「死ななければならない」とか「自殺する未来しか見えない」という不安に襲われている感じですかね。

    軽度の発達障害を持っているのですが「軽度でよかった」ではなく「軽度故の苦しみがある」感じでしょうか。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    そうなんですよ。軽度なら軽度なりに悩みというのはあるんですよね。
    軽いんだからつらくても我慢しろとか。

    軽かろうが重かろうがつらいものはつらいんですよね。
    目に見えないし数値化できない病であるがゆえ特に。

    2019年11月2日 17:16

  • 第6話 そこにあるあれ取ってきて←地獄…へのコメント

    会話に「あれ」とか「それ」が多い人は若年性健忘症の疑いがあるとの事です。
    わからなくても気にする事はないですよ。
    https://matome.naver.jp/m/odai/2137824838005542101

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    教えてくれてありがとうございます。

    2019年5月22日 21:38

  • 第1話 初めまして。あがつま ゆいですへのコメント

    アスペルガーとADHDが混じった子供二人と共生しています。あがつまさん素晴らしい文章力ですね。応援させて下さい。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ご声援、しっかり届いてます。よろしくお願いします。

    2019年3月19日 18:13

  • 第24話 集中できない頭のノイズへのコメント

    この気持ちわかります。
    運動が最高に効きますよ。一流の頭脳、アンダース・ハンセン著、この本に載ってます。とりわけ運動が効果的およびADHDの傾向が強い人には打って付けらしいです。お勧めします。
    調べてみて感想を読んでみてください。多くの方が内容を書かれてます。参考になると思います。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    参考にしますね。

    2019年3月4日 20:59

  • 第19話 共感が分からない…わけじゃな…へのコメント

    友人の家族2人が発達障害で、友人自身も発達障害ではないかと疑ってます。
    記事を読んで、こういう考えなんだなあと参考になりました。

    この友人と付き合うと、自分が蔑ろにされて承認されていないように感じます。
    他の人が謝ったり、労いや心配の言葉を言う場面で、一切言わないからです。
    感情的な機微は理解しません。何が嫌か丁寧に説明しても、わからないみたいです。話を避けるし、本質とは違う話にずらすし、独特の意味不明の言い訳します。
    聞いた所、こちらがどんなに辛い場面になっても、心から頑張ってやお疲れ様と思えないから言わないんだそうです。
    共感しないから私がどう思うかという考えが行き着かないのでしょう。
    その反面、こちらが風邪を引いた事を認識すると、心配の言葉は一切無いけど、風邪薬をくれたりと、友人なりの対策をとろうとしてくれます。

    同レベルで共感をする必要はないですし、こちらもある程度は付き合えます。ただ、関係が深くなると、共感を態度や言葉で出してくれないのはきついです。
    共感していなくても、場面場面で言うようにした方が、相手は救われます。
    友人はわかってくれないですが、たまに無神経な事をされます。私が怒り、友人が謝らないし、理解せず話をずらす、の繰り返しで疲れました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

     ご友人関係で疲弊しているそうですね。
     多分そのご友人は自分ルールが普通の人と違い過ぎてそうなっているのだと思います。

     もしその友人が心療内科の病院に行った事が無いのなら可能でしたら連れて行った方が良いと思います。

     多分その友人は自分が間違っていることに気づいてすらいないと思います。
     家族の中に2人も発達障害がいるのでしたら発達障害の人が見た世界に慣れきっていて普通の人の世界とは全く違う見え方をしていると思います。

    2019年3月3日 14:24

  • 第66話 共存するためにして欲しい事:…へのコメント

    そうですね、指示を出す側も理解が必要ですし僕みたいなADHDも仕事を選ぶのが最善ですね。
    より一層転職へ希望を見いだせるよう頑張ろうと思えます。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです
    コメントありがとうございます。

    正直ADHDでも症状の出方は異なりますのであまり参考にはならないかもしれませんが、工場勤務だと比較的長続きはしやすいかなとは思います。

    あと可能でしたら障害者手帳を取得して障害枠で応募すれば理解のある会社とめぐりあえる可能性は高いと思います。

    2019年1月3日 21:47

  • 第36話 集中「しすぎて」しまうという…へのコメント

    分かります、私も一度、精神病が酷かった時に。

    一睡もせずに小説3話役9000文字を書き上げました。

    更に会社に行くと身体が軽くて気分も良かったのを覚えています。

    その日、家に帰ると直ぐに爆睡しましたが。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    過集中が起きるとすごくノッてきて
    どこまでも突っ走れるような気になってくるんですよね。

    私は突っ走った後が怖いので起きそうになったら無理やり休ませるなどして
    起きないようにしてますね。

    2019年1月2日 16:35

  • 第33話 目移り「しなくてはならない」へのコメント

    それ、医者に言われました。

    だから私は車に乗れません。( ´△`)

    オマケに自動車学校の試験は何度も落ちました。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    ADHDは車の運転は苦手とされているのでその影響でしょうね。

    私は何とか原付の運転は出来ますがヒヤリハットは何回かあります。

    2019年1月2日 16:33

  • 第64話 共存するためにして欲しい事:…へのコメント

    「アレ」や「コレ」で指示を出されると曖昧で分からないですよね。
    うちの職場の人はわかってれません…。一般の人はよく、「アレソレコレ」で分かりますよね。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    「アレ」や「コレ」も厳しいですが
    あと「あそこ」とか「ちょっと行った先」なんかも鬼門ですね。
    こういわれると本当にわかりませんね。

    2019年1月1日 09:16

  • 第61話 共存するためにして欲しい事:…へのコメント

    僕の周りも気合で症状がなくなると思っている人が居て困りますね。名前は有名になったかもしれないですが症状理解までには及んでいないですよね、ホント。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    日本にはまだまだ根性論が根強くて(だからスポ根ものが流行った)そういう声も多いんですよね。

    どうしても出来ないというのが何とか理解してほしいのですが。

    2018年12月31日 12:58

  • 第53話 役に立つ人間だけしかいらない…へのコメント

    僕もそう思います。
    弱者を切り捨てる社会はいずれ崩壊するとまで思っています。
    僕も一応高齢者関係の仕事についています。
    そういった面でも弱者切り捨ては断固として反対です。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    例の事件は本当に怒りを感じますよ。
    裁判官でもないただの人のお前ごときに要る要らないの何が分かるんだ? って話ですよ。

    多分こういう人は「自分は永遠に衰えない」と思っているんでしょうが、人は必ず老いるもんですからね。

    2018年12月28日 16:14

  • 第49話 常識が無いへのコメント

    とてもすっきりしました。
    色々調べたのですが、どうもピンと来なくて。
    『興味がないことを切り捨てる』、今までで一番しっくりきました。
    僕もよく「そんな事も知らんのか」とよく言われます。
    興味がない事を教えられても全く覚えられないんですよね。
    一つ謎というか自己分析が出来ました、ありがとうございます!

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    本作があなたの謎を解く手がかりになって光栄です。

    2018年12月26日 20:02

  • 第47話 それは病気ですへのコメント

    中にはいますよね、心の病を気合でどうにかできると思ってる人。
    誤解もいいとこなんですけどね。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    正直昭和の時代では体罰なんかで根性論で無理やり矯正していたんだと思います。それに耐えきれずに死んだ人も可視化されてないだけで相当数いるでしょうね。

    平成の終わりである今はその頃よりはかなりマシでしょうが、私たちは産まれた時期がまだよかったと言えるでしょうね。

    2018年12月24日 22:50

  • 第42話 診療内科に行こうへのコメント

    発達障害を扱っているというか、きちっと診断したり力を入れている所って少ないですよね。
    こちらはいける範囲では1つしかありませんでした…。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    1つあればいい方ですよ。まだまだ認知度は低いみたいで「心療内科と言えどうつが専門」というところも結構多いそうなので。

    2018年12月22日 17:13

  • 第34話 忘れやすいへのコメント

    僕の場合、忘れ物は多いし、怒られた時の感情はくすぶっているのに怒られた内容は忘れてますし…端からみたらやる気ない人に見えちゃいう感じです。
    本当になんとかならないかなぁ…

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    春木さんに合うかどうかは分かりませんが本文にもあるように「無くすとまずい物」は定位置を作っておくと忘れにくくなるかと思います。

    ご参考になれば幸いです。

    2018年12月21日 18:13

  • 第31話 覚えられないへのコメント

    正直これがつらいですよね、覚えられないから「前に教えたでしょ!」「言ったじゃん」と叱責されるんですもん。
    外付け記憶媒体でもくっつけられないかなぁ…。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    ホント外付けHDD欲しいですよね……

    2018年12月19日 16:19

  • 第29話 個性を活かせ?それが出来りゃ…へのコメント

    それ僕も言われましたね、特別なにかあるんじゃないかとか…、あったら苦労しませんよね。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    偽アスペの話でもありましたけどADHDやアスペルガー症候群を
    特別な才能と勘違いしている人はまだまだ多いです。

    しかも普段個性なんて全然生かしてない人に限って言ってくるんですよ。

    その辺はかなり腹立たしく思っておりますね。

    2018年12月16日 12:40

  • 第28話 ADHDは治る?治らない?へのコメント

    確かにじっとしている事が苦手で今は(多少は)治ってますね。
    全部の症例に対応できるような薬の開発を祈るばかりです。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    やはり成長に応じて諸症状が緩和するというのはありますね。
    ただそういう事情があってADHDは子供の病気という勘違いが起こるのは勘弁してほしいですよね。

    2018年12月15日 21:43

  • 第24話 集中できない頭のノイズへのコメント

    ケアレスミス…ではないほどの多くのミスをしております。
    最早書類一枚成功も難しいのではないかとというくらいには。
    そのたびに叱責され疲れてしまいます。

    なんとか症状を緩和させたいものです。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    頭のノイズですが自力ではどうしようもないのなら
    心療内科に行って医師と相談して薬をもらうという手もあるでしょう。

    薬との相性もありますがうまく合えば減らせるようです。

    2018年12月15日 21:42

  • 第21話 偽アスペとかふざけんじゃねえ…へのコメント

    確かに「発達障害になりたがる人」という本が出るくらい、診断されたがってる人はいるんでしょうが、なった時の苦労はどう考えてるのかなと思います。

    出来ない事の逃げに、自称アスペとか使わないで頂きたいと切に思います。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    アスペルガーは天才脳ではありません、障害脳です。
    と誰かが言っていましたがそういう勘違いと言うのが本当の発達障害患者を苦しめているのを見るに胸が締め付けられる思いがしますね。

    本当に辞めてほしいです。

    2018年12月14日 17:07

  • 第19話 共感が分からない…わけじゃな…へのコメント

    僕も共感力に乏しいのか、相手が共感を求める発言に対し「そうなんですね」
    と言ってしまい、「普通そうだろ」と返される事が多いですね。
    今一、共感を求められてもピンとこないんで、治しようもないし全くどう答えていいかわかりません苦笑

    作者からの返信

    あがつま ゆいです、
    コメントありがとうございます。

    だからこそ発達障害が発達障害と言う病気として認定されている理由なんだと思います。
    本当に「ズレて」いるんですよね。何かが。

    2018年12月14日 17:05

  • 第14話 「そこは機転を利かせて臨機応…へのコメント

    僕も基本的な診断はADHDですが、アスペルガーの症状が入ってるらしく、固まってしまった時によく叱責されたりして悪循環になってます。
    事務仕事で優先順位もつけられない所もありそこもよく叱責を受けますね。

    あがつま ゆい様の意見に凄く賛成します。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    ADHDやアスペルガーは事務仕事は本当にきついそうです。どうか御無事で。

    2018年12月10日 22:33

  • 第31話 覚えられないへのコメント

    私も有りますね。

    短期記憶喪失、これ持ちなんで勉強や仕事が苦手です。

    しかし、今やっていた事を忘れても、昨日の事・数年前の事は良く覚えているんですよね。

    黒板の文字を見ても、普通の人は文章を一文覚えてから書き写すのに、私は漢字一文字しか覚えられず。

    何度も黒板を見直しながら、ノートを書いていたのを覚えていますね。

    まぁ、短期記憶喪失と言っても直ぐに思い出したりするから、本物の記憶喪失や。

    脳に異状がある、完全な短期記憶喪失見たいのとは違うんですから。

    まだマシ何でしょうかね。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです
    コメントありがとうございます。

    学生生活はかなりの苦労をされたようですね。
    私も以前の仕事は複数の作業を同時進行するようなやり方をやってたので結局なじめずに辞めてしまいました。

    お話によれば、あなたはワーキングメモリーが特に弱く見受けられますね。

    2018年12月10日 22:31

  • 第13話 かみ合わない会話へのコメント

    よく僕もQ(クエッション)に対しA(アンサー)じゃないとよく言われます。
    自分ではアンサーのつもりなんですけどね。

    どうやって健常者の方は会話してるのかさっぱりわからない時がありますね。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    両親と会話してても(おそらく一番自分の事を理解してくれているであろう両親ですら)会話がかみ合わない事が多々ありましてこういう経験と言うのは結構あるそうですね。

    何というかズレてると言うか、要点が一致しないというかそんなこと結構ありますね。

    2018年12月9日 23:14

  • 第6話 そこにあるあれ取ってきて←地獄…へのコメント

    あるある過ぎてなんと言ったら。
    やはりこういう所で苦労されてるんですね。
    本当に名称か具体的な指示が欲しいですよね。
    健常者方はみんなエスパーなんでしょうかってくらいですねホント。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    会社でもそういう雑な(発達障害からすれば)指示を出されることもあるので、そういう時は非常に苦労します。

    健常者の人には本当に「何でそんな雑な指示で分かるの!?」って思わされますね。

    2018年12月8日 14:13

  • 第5話 アスペルガーは独自規格のパソコンへのコメント

    僕もその気があり、仕事面では効率や正しい事よりもこだわりを選んでしまう傾向がありますね。
    ADHDとしても自分なりミスが少ない方向でやろうとするので、よく遅いと怒られる事が多くきついですね。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    私も「納得がいくこと」に注力するため仕事はかなり遅いです。
    この辺の会社とのすり合わせが難しくて悩むことも多いですよね。

    2018年12月5日 18:57

  • 第3話 アスペルガー症候群についてへのコメント

    初めまして、僕も大きな括りとしてはADHDと診断を受けています。
    他の発達障害も病名がつかない程度にミックスといった感じです。

    記載頂いた症状にとても共感し、失礼かもしれませんが、一人ではない事にホッとしました。

    まだ、3話ですが、早くも書いてくださりありがとうございますという気持ちです。

    完結済みのようですが、自分のペースで読んで行きたいとおもいます。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメントありがとうございます。

    この病は「孤独である」と思うと苦しい病なので他にも自分と同じような人がいると思うとだいぶ精神的に楽だと思います。

    逃げたり隠れたりはしませんので自分のペースで読んでいってくださいね。

    2018年12月5日 18:55

  • 第28話 ADHDは治る?治らない?へのコメント

    ADHDも発達障害も人それぞれで、かなり症状が違いますからね。

    私も何を参考にして良いのやら、早く薬なり、脳ミソを根本から治療出来る方法が開発されれば良いですね。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。メッセージありがとうございました。

    正直発達障害はまだ分からないことが多いし、症例も幅が広いので治療法も「これ一つでOK」というような状態にはなってないんですよね。

    お医者さんには頑張ってもらって何とか良い治療法を探してもらいたいですね。

    2018年11月24日 16:52

  • 第21話 偽アスペとかふざけんじゃねえ…へのコメント

    成功している人達は物凄い努力家であり、たまたま仕事と障害の特性が一致したから才能が開花した場合と。

    発達障害やアスペルガー以外にも特別な能力である、【ギフテッド】と呼ばれるラノベで良くいる、チート持ちの主人公の様な人が脚光を浴びてるだけです。

    我々普通の軽障害者は、何とか、かんとかして生きていくしか有りませんよ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    個人的にはどう解釈したらそうなるのやら。としか言えない
    発達障害に関する誤解というのはかなりしんどいですね。

    2018年10月21日 20:25

  • 第19話 共感が分からない…わけじゃな…へのコメント

    人それぞれ考え方は違うのですから、皆が皆同じ考えを持つ必要は有りませんと思います。

    有る程度は国や社会に合わせる必要は有りますが、全員同じ考えを持てと言うのなら、それはファシズムや共産主義と変わりません。

    全てに共感する必要なんて無いんです、自分もそうだなと思う事に♥を押せば良いのです。( ´∀`)

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。
    コメント遅くなって申し訳ありません。

    そう思ってくれる人が1人でも増えてくれればずいぶんと生きやすくなるのではと思います。特に日本は同調圧力が強い傾向がありますし。

    2018年12月14日 17:03

  • 第17話 たった99点しか取れなかったへのコメント

    アニメとか、瞬きせずに見切ろうとする私も、きっとそれ何でしょうね。

    後は潔癖症の人達も実はアスペルガーや発達障害なのでは無いのでしょうか。

    それに私も含めてですが、発達障害の方々は自己肯定感が低いのですよね。

    私もツイッター&カクヨム&なろうで誉められたり応援コメントを貰うと、嬉しいのですが?何か私なんかが貰っても良いのかとマイナスに考えちゃうんですよね。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。コメントありがとうございます。

    潔癖症、確かにありそうですね。

    あと自己肯定感が低いというのもありますね。確かに私も人並みよりはかなり低いですし。

    2018年10月20日 21:14

  • 第16話 想定外が何より怖いへのコメント

    私も同様の傾向が有りますね、地元から余り出ないし、仕事になると上司にアレコレ言われると頭がフリーズしてしまいますね。

    学校の授業でのプレゼンも、そんな感じでしたね、何とか成らないのでしょうかね。

    まぁ成らないから、どうしようも無いのですけど。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。コメントありがとうございます。

    プレゼンとかやったことないですがたぶん地獄を見ると思います。
    想像しただけで無理ですね。

    2018年10月20日 21:08

  • 第8話 うるせえええ!!!!(感覚過敏)へのコメント

    同感です、私も発達障害者ですが野球中継の歓声は五月蝿いですし。

    LEDライト・液晶テレビの光等も目に突き刺さる様に感じますね。

    作者からの返信

     あがつま ゆいです。コメントありがとうございます。

     最近は薬が効いてるのか仕事が変わってストレスが無くなったのかはわかりませんが、以前ほどきつくは無いのですね。
     ただ本当に酷い時は耳や目に突き刺さるような感覚がありますよね。

     もしかしたら私同様、薬の種類を変えることで何か変わるかも知れませんよ。

    2018年10月18日 21:37

  • 第4話 俺はイチローでもエジソンでも織…へのコメント

    彼等はギフテッドって言うんですよね。

    何の特技も無い、アスペルガー・発達障害者は彼等見たいに活躍するなんて無理ですよね。

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。 コメントありがとうございます。

     おっしゃる通り彼らは天才で、発達障害でなくても名を残せるほどの活躍は出来たと思います。

     彼らを恨むわけじゃないですが、誤解の原因の一つでしょうね。

    2018年10月18日 21:38

  • 第34話 忘れやすいへのコメント

    はじめまして。
    自閉症スペクトラムとADHDの併存と診断された小2の息子の母親です。
    息子の解説書に出会えたような喜びでどのお話も涙涙です。またこれから息子が出会うであろう困難を目の当たりにしているようでもあり非常に考えてしまったりもしますが、息子の言動の根拠が分かるヒントがたくさん詰まったこの作品を書いてくださったあがつまさんへの感謝の方がずっと大きいです。

    「忘れやすい」…息子もまさにびっくりするほど忘れるし机の上でよく消しゴムをなくしてはキレて傷ついて僕はなんてバカなんだ!!と頭をたたいています。
    「物の定位置を作る」、早速やってみます!でもヘンに期待しないで試してみるという気持ちでやってみます。みんな色々ですもんね。
    とにかく本当にありがとうございます!!

    作者からの返信

    あがつま ゆいです。応援コメントありがとうございます。
    そこまで感謝されれば書いた甲斐がありました。
    応援ありがとうございます。

    2018年1月28日 20:49

  • 第24話 集中できない頭のノイズへのコメント

    はじめまして突然のコメント失礼します。

    私もそのスライドショーがすごくわかります!夜になるとノイズとスライドショーはましになるのですが、ちょうど仕事中にバンバンスライドショーが出てきて制御不能になりケアレスミスを繰り返して職場で干されてます・・・。悔しいですが仕方がないですね・・。今はステラテラを服用しています。良くなることを祈りながら・・

    3/3
    返信ありがとうございます。
    このように小説というアクションを起こされることに尊敬します。
    これからも職場を転々としても書きものはぜひお続けください。応援しております。

    作者からの返信

    応援コメントありがとうございます。

    ケアレスミスつらいですよね。私も職場を転々としています。今度の会社では何とか長続き出来れないいのですが……。

    ちなみにこの話って作中で一番読まれてるエピソードなので結構悩まされている人って多いのかもしれませんね。

    2017年3月2日 22:08

  • 第6話 そこにあるあれ取ってきて←地獄…へのコメント

    あるあると思いながら、読ませて頂いております。
    こそあどを使われた時アスペルガーでなくても、「座標で示してくれ!!」って叫びたくなりますよー。困りますよね、あれ、それって言われるの。

    作者からの返信

    ありますよねー。普通の人は「そこにあるあれ取って」が何でわかるのかさっぱり見当もつきませんもの。

    2017年2月6日 18:08