魔王という名の現代病と、その特効薬

作者 シャル青井

思春期特有の病気が壮大なスケールで展開されたり、されなかったり。

  • ★★★ Excellent!!!

ナノマシンというSFな世界観にもかかわらずやっていることはコッテコテの青春ジュブナイルでそこにダンジョンとかJRPGな要素を入れてコトコト煮込んで出されたような作品。
全ての具材がよく煮こまれて出汁が効いてて優しい味わい。
軽妙な掛け合いで規模は大きいけれども、どこかドタバタ日常感の抜けない奮闘劇。
頑張るお兄ちゃんはかくもかっこいいものなのですね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

はるゆきさんの他のおすすめレビュー 27