塔の諸島の糸織り乙女 ~転生チートはないけど刺繍魔法でスローライフします!~

作者 ねずみ

1,711

602人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なんかもう、転生ものなのに、王道じゃなくて、本当にファンタジーしてて、つい読みふけってしまう。
結構重い環境なのに、スサーナはぽやっと大きくなっていくのが(本人的には不本意な評価だろうけど)たまらなく愛しい。
保護者と被保護者がそうでない愛しさに踏み込むきっかけの話が凄く切ない。こんな言葉で足りないくらい切ない。
男の子みんな虜で、天然タラシなとこもちょっといい。
作者様、どうかスサーナに幸せいっぱいあげてください!!

★★★ Excellent!!!

 「女の子が異世界転生を果たし、新たな世界で成り上がりをしながらチート魔術を使って美男子を魅了していく。」
 と、このように概要を書き出すとテンプレ小説にしか見えないにも関わらず、この作品は全くそんな感じがしない不思議な作品です。
 原因の一つは、主人公であるスサーナが(設定上理由があり)自身に頓着せず、一人称形式の物語とは思えないほど自分の事を考えない子供だからでしょう。
 他人や周囲や環境にとても敏感で、お節介が過ぎる主人公が様々なことに巻き込まれる話なのですが、本当に自分を大切にしない。。。
 そのため主人公に同調/共感することで物語を楽しむタイプの人は少し厳しいかもしれません。
 一方で親のような目線でハラハラしながら楽しむ自分のような人間には、スサーナと同じような俯瞰視点で楽しむことが出来ます。
 恋愛小説でも、テンプレ悪役令嬢でも、転生チートでも どれでもあり、どれでもない不思議な小説。大変おすすめです。

★★ Very Good!!

ストーリーは素敵でお話の内容もとても面白いです。ですが、主人公の魅力が今のところもうひとつ欠けているように感じました。

主人公が自分からどうしたいかどうなりたいかという目的意識が曖昧になってきて、最近は無駄にふわふわと受動的にしか行動出来ていないように思えます。

前世の事情や話の途中で知ってしまったあれこれでそうなってしまった理由はわかるのですが、第三者視点で物事を見過ぎているせいなのか自分のことを大事にしてくれません。主人公を怒ったり心配してくれている人へもう少し耳を傾けて真剣になって欲しいと読んでいてとても歯痒く感じる時があります。
もう少し嫌なことに強く怒ったり負の感情を外に出せるようになって欲しいですし、一生懸命生きて欲しい。

第三塔さんの助力もあり、今は(耐えられないから)ずっと見たくないものから無意識に目を逸らし続けている状態なんでしょうが、いつか問題と向き合って人間的に一皮剥ける時が来て主人公スサーナちゃんの魅力が一層輝く時を楽しみにしています。

キャラクター相互の思い合いがわかる絆のエピソードなど(主人公に一方的に色々してもらってるだけという印象がまだ拭えないミアちゃん側の話とか)そういった相手側の話などももっとあると嬉しいです。

Good!

端的に言うと、より上位カーストの女子グループに乗り換えていく話です。
上位カーストの女子に気に入られて、引き上げられるっていうことを繰り返す。成り上がりたいっていう意識があるわけではななく受動的です。
学校に通うあたりから、ちょっと構造に無理が出てきてる気がします。平民グループと貴族グループを行ったり来たりするところが気になります。

Good!

ストーリーは非常に面白いですし、文章も読みやすいです!
本当だったら、星の3つ!

面倒見が良くて、ちょっとお節介で、いつも笑顔でのりきる優しい主人公、スサーナちゃん大好きです!
ただ、スサーナちゃんの、あり方が痛々しい。
基本的に自分には価値がなく、友達や周りを助ける為に平気で命を投げ捨てる行動に出ます。
友達が自分の責任で自分で判断した行動なのに、私が「ああしていれば」とか「私のせいだ」とか勝手に背負っちゃいます。
自分は大人なのだという自負が友人を庇護認定するので、真実対等な友達がいません。
大人という自負があるにしては、自己管理がゆるゆるで、自分が死んだ際の責任が誰に問われるのか考え付かないあたり、社会人としては失格で、社畜系ともなんか違う気がします。

スサーナちゃんが好きな私からしたら、もっと自分を大切にして!と悔しいやら悲しいやらです。
好きだと思う人か、自分は無価値だと、簡単に命を投げ出すのは悔しいし悲しいです。
たぶん、スサーナちゃんの周りにもそういう人いると思うんだけどなぁ。
スサーナちゃんが簡単に自己犠牲しなくなるまでは星1つ。

★★ Very Good!!

なろう系ワードが多少出ますが、内実は世界観を膨らませたドファンタジーもので、おっとり巻き込まれ型少女の右往左往する姿が好ましい。恋愛要素はまだないな…。周りの人間が微妙に強くて将来設計通りにはいかなそう。アッという展開に期待してます。

★★ Very Good!!

辛口ですが、現時点での最新話(184話)まで二日で読むくらいは好きです。


追加
後々ですが主人公が王族の方々を身を挺して助けて~という展開もあるのでそういうのが好きな方はめげずに読み続けてください。個人的には面白い展開かなと。主人公がようやく舞台に立てたって感じでしょうか。
みんなの為に頑張っている主人公は好感度上がってます。
自己犠牲に思える人がいるかもしれませんが、個人的にはそうは思ってないです。
そもそも主人公がお人好しで人の事を思える優しい性格なので。自己犠牲云々言ったら主人公の性格が変わってしまうかなと。
そんな主人公だから物語が動いてくれますしね。


ただ184話の時点では恋愛を期待して読まない方がいいです。
主人公が初恋のレオ君ですら崇拝寄りとか意味わからない本当に白けます。
それならいっそ本当にいい思い出として登場させなくても良かったんじゃないかと思う。
どちらにしろ彼は優しすぎて良い人止まりで終わりそうですけど。もう一押しがない。

ちなみに他にも王子様など登場しますが、恋愛の気配は全くありません。
主人公の対応もつまらないものです。

ドン君は置いといて主人公の事好きなのかなという子はいますが、立場上というか設定上その子と恋愛話になっても正直面白くなさそうです。でも面白くなさそうなヨティス君が一番フラグ立っているという…。


個人的には三塔さんが好きですが、足長おじさんのポジで恋愛対象ではないのかなと。
二人が仲良くしてくれればそれで満足なんですが…主人公はもっと三塔さんに感謝してもいいと思う…さっぱりしすぎるというか三塔さんより対応が冷たく感じる時があります。

あと読者としては主人公が頑張っていることを作中でも評価してほしいし、せめて知ってほしい。その辺も読んでてもどかしくなるときがあります。

世界観は主人公の設定上にとって厳しいもの… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

ある時、国の内陸に住んでる人達からはマジヤベー認識されてる島に転生してしまう主人公。
その島は、実はめっちゃ便利で住み心地の良い所なのであった!

“転生チートができないほどに!!”

主人公は前世の記憶を持ちながら歳相応に、時に大人な対応をしつつのびのび成長いく
……のだが、ひょんなことからいっっつもトラブルに巻き込まれる。

回避しようとしても、一周回って結局トラブルの被害に。
そしてそれを心配して段々と保護者ポジションの人達が増えていって…。



これは登場人物みんなが生き生きとしていて、
文章もわかりやすく、
各話ごとに楽しく読むことができるとても良い作品です。
ほのぼの系が好きな人には絶対オススメですよ!

★★★ Excellent!!!

主人公のスサーナちゃんは異世界転生しちゃった22歳の記憶持ちの女の子。
すごく前向き、好奇心旺盛、世話焼きで、しっかりしてるつもりなのに鈍くて、抜けてて、本人は知らないだけで色々な秘密を抱えていそうなミステリアスな魅力もあり、子供らしい無邪気さと元大人の知識の織り成すアンバランスさ、子猫的な可愛さもありで、目が離せません。

そんな彼女ですが、割といろんな危機に晒されてますね。
本人が呑気なのと、周りに守られてたりで、深刻な感じは薄れてるのですが、さてさて、今後はどんな事件が待っているのでしょうか??

緩急、シリアスとコミカルのバランスが絶妙で、丁寧に描かれた世界が楽しめるオススメ作品です。

★★★ Excellent!!!

異世界転生物なのですが即座に無双せず(できない)、主人公が標準的な子供の育ち方をしていき、作中世界への理解を深めていく過程が丁寧です。この世界で暮らしてみたいと思うほどディテールが素敵です。
主人公の知識と作中世界の常識とのズレが時にチートにも、また逆に危機を招くのにも働くだけでなく、作中世界の小道具をよりイメージしやすくする描写に一役買っていて上手いなーと感心しています。
作中ヒロインがモノローグに出す「ゲド戦記」「ダウントン・アビー」の他にも「大草原の小さな家」「赤毛のアン」が好きな人にはオススメです。バリバリバトルしたり一攫千金の異世界もいいですが、スローライフならコレです。

★★★ Excellent!!!

世界観とキャラクターの描写が丁寧で読者を惹き込んで行く魅力があります。
我が道を行く作家さんは世の中多いと思いますが、やはり読者がいるという事を忘れてはいけないと再確認しました。
最初からキャラクターがガンガン進めていったり、何もかも明らかにしていくような作風ではなく、ゆっくりと丁寧に積み上げていく物語です。
わたしはこういうスロースタートな作風が好きなんですよね。

作品単体でなら転生チート主人公がガンガン薙ぎ払う爽快な作品も好きな物はありますが、作風としては最初からインパクト重視で攻めるわけでなく、この『塔の諸島の糸織り乙女』のように大切に積み上げていくものを応援したいです。

商業作品であれば最初から売れる作品が重視されるでしょうけれども、小説投稿サイトであれば積み上げたものの完成度の高さで評価されて欲しいと思います。

そんなわけで、もっと先が知りたい!完結まで応援しています♪

★★★ Excellent!!!

めっちゃ読みやすいです。文章がよみやすいということは文章構成が巧みで、描写を的確に絞っていて、いかに読者を作品世界に引き込もうか?と練られた文章です。序章にいくつもの読者を引き込むためのフックがあって、あれよあれよと作品世界へ誘われ、一話がすごく短いのですらすら読めていきます。

世界観もすごくこだわりを感じ、主人公の唯一のチートである刺繍が世界の秘部と密接に関わってきてこれからがすごく楽しみです

★★★ Excellent!!!

大人のために、大人の書き手が子供を書くと、子供がちょっと大人びるのはふつうのこと。

誰かが考える異世界は、今その人がいる場所を基点として構築されるのだから、現代日本が垣間見えるのは普通のこと。

それを避けられないならとをいっそ舞台設定として取り込んだ転生物ですが、それによってできるようになった横紙やぶりをしないために、かえって描かれる世界に重層感が生まれています。

夜の花の香や市場の食べ物、ただの子分ではない友人と家人。子供の視点から見えるものが、周到に張り巡らされた伏線に導かれながら躍動します。

伏線はいつか表に出るのでしょうか。水脈は地表に出ないからこそ持てる価値もある、としてこのまま進むのでしょうか。

先が気になりつつも、好きな散歩道に足が逸れるように、もう一度読み返してしまう、そんな小説です。

★★★ Excellent!!!

ちいさくて少し利口な女の子が色々な人と出会って自分のやりたいことを見つけていく、というかなり王道な物語です。
チートもスキルもモテモテも無いですが、スサーナから見える世界は、全てが輝いていて新鮮で、時々世知辛さを噛みしめながら両足で恐る恐る歩いていく様は、彼女と手を繋いでこの世界を歩いているようです。
所謂「異世界転生モノ」がもつサクサク感は皆無ですが、子供のうちは何をするにも大冒険であることを思い出させてくれる話です。

読んでください。