ガノタですがなにか?

作者 ながやん

98

34人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まず、レビューを眺めてほしい。このレビューの多くの見出しがガンダムのセリフであり、それを半分でも理解できれば、この作品をかなり楽しめるはずだ。
半分もわからなかった? 
では、この僕達の出会いはなんなんだ?
これは? これも運命なの? 阿室……
ああ、そうだ。そうだと思う。これも運命だ。
しかし、認めなくちゃいけないんだ。読者、リンクをクリックして……。

★★★ Excellent!!!

 ごく一般的な常識人がオタクと付き合うストーリーはこのオタク文化が爛熟した日本で定着しつつありますが、本作は女の子が骨の髄までガンダムに浸かっている。それだけで頭一つ抜けた印象を受けます。
 息を吸って吐くように出てくる名言、映画館の椅子の座り方にまでこだわるヒロインの生きざまには、感銘すら覚えます。
 これは、魅せられました。

 『悔しいけど……僕は男なんだな』

★★★ Excellent!!!

私は、これを読んだガノタが必ずや身悶えすると断言するッ!

ガンダムに詳しければ詳しいほど、富野信者であればあるほど、そして、ロボットアニメを愛すればこそ、この作品は面白く、勿論、何一つ分からなくとも、恋愛モノとして……しかし、ガンダムを知ればこそ! この作品は輝くと、それを知るのだよ!

君が、この作品を読んだとき、目にするのは果たして、刻の涙か、人の心の光なのか……! それとも、ただの残念美人か、リア充か!?

★★★ Excellent!!!

さすがカドカワだ、ガンダムの名前をそのまんま小説に引用しても何ともないぜ!

これが…若さか…(泣きながら)。

品行方正な美人の先輩が、実は重度のガンダムオタクというお話。秘密の趣味を隠している様子が可愛いのです。対外的には頑としてオタ趣味を認めない所とか(笑)。
認めたくないものだな…ガノタゆえの過ちというものを。

当たり前のようにガンダムの名言・珍言が飛び交う楽しい会話は、よくこれでガノタを隠せてるなーと首をかしげちゃいます(笑)おかしいですよ、玲奈さん!

いづると玲奈の心の交流、まさにジャストコミュニケーション。

お約束のように主人公には幼馴染の女の子が居るんですけど、主人公は玲奈さんが本命のため、完全に恋愛対象外です。
やめてよね、玲奈さんが本気出したら幼馴染に負けるわけないだろ。

さらには、富野ガンダム以外は認めないという原理主義者まで登場する始末。原理のGは始まりのG!

彼らのこの義務感はどこから来ているのでしょう。そのうち「俺がガンダムだ!」とか言いだしそうで怖いです。まるで強制されているかのように。強いられているんだ!

まぁいつの日か、主人公と玲奈さんが深き愛で結ばれ、石破ラブラブ天驚拳を放ってくれる日を楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

トチ狂ってはいませんが安室玲奈ちゃんとお友達になりたいです。
いやそのためならトチ狂っても構いませんね。

ガンダム作品の造詣の深さが随所に感じられるセリフ運びにクスリとさせられてしまいました。
どのシリーズからもネタを持ってこれる作者さん、ひょっとしてTVシリーズをすべてご覧になっている……?

ガノタの私がはっきり申し上げましょう。ガノタはめんどくさい生き物です。けれどそれゆえに、愛おしい。
あえてカ○カワさんの場でこうした小説を発表するという心意気も買って☆3つ。

あと、やっぱり私は王道を往く「ガンダムAGE-2 ~運命の先へ」ですね。

★★★ Excellent!!!

今分かりました。宇宙の心は彼女だったんですね!
アムロが女の名前で何で悪いんだ! 私は女だよ!
という作品です! (違ったかな?)

恋愛と所々に散りばめられたガンダム要素。不思議な感覚と笑いが込み上げてきます!

ガノタの意識が集中し過ぎてサイコフレームがオーバーロードしないよう祈ります!
(ネタ・レビューが多過ぎて執筆に支障がでないよう祈ります!)

うむ! 真似してみたがうまくいかないものだ。
会話の中にガンダム要素を取り入れる作者様に感嘆です!

★★★ Excellent!!!

ガンダムに詳しくない俺でも爆笑するレベル。
無論、シャアだの富野監督だのターンエーくらいは知っていますが。

これ読んだときには椅子からずっこけて落ちそうになりました。

正真正銘本物のガンオタがこれ読んだ日には……。(爆)

いや、面白いものを読ませてもらいました。

★★★ Excellent!!!

ガノタの一人として見過ごせませんでした。いやー、ちょっとした台詞や身振り素振りであるあるを連発してしまいましたw そして読みにつれてニヤ気が止まらないィィィ!!
オタクとしても、ラブコメとしても、これほど需要に適った作品はございませんwwww

★★★ Excellent!!!

ガノタにしか解らない小説ですって。
いいじゃないですか。
このタイトルで読もうとする読者は大抵ガノタでしょう。
そんな星屑の様なガノタ達にひと時の笑いを。
そう、これはガノタによるガノタの為のガノタ小説なのだから。
この出会いにおとめ座(9月10日生まれ)の私は運命的なものを感じずにはいられない。

★★★ Excellent!!!

ガンダム要素が非常に濃いラブコメもの。

もう第一話で笑ってしまいましたよ。そしてその後もガンダムネタが出てくる度に吹き出してしまいました。「ガンダムで例えるなら、どういう関係なの!」いいですねこのノリ。ガンダム好きにはたまらないやりとりです。

しかしここまでガンダムのネタを盛り込んでいるというのに、内容はちゃんとラブコメしているところがまたスゴイ。いづると玲奈と翔子がこれからどういう関係になっていくのか、そしてどんなガンダムネタが登場してくるのか、楽しみです!

★★★ Excellent!!!

平凡な高校生である日陽いづる君と、これまた平凡(少し腐ってる?)な幼馴染の楞川翔子、そして誰もが憧れる絶背の美少女・安室玲奈などの個性的なキャラクターたちが繰り広げるラブコメディ。
ここまでの説明だとただの有り触れたラブコメのように聞こえてしまいますが、ここにガンダムネタが密接に絡み合うことで、本作ならではの独特の作風が展開されています。これによってヒロインに妙な魅力が生まれていて、その相乗効果はさながらツインドライヴにも匹敵しています。
会話のテンポも非常に良く、とても読みやすかったです。

個人的にはこの手のネタは大好物なので、これからも応援してます!
……あと、翔子がこのまま順当に富野作品を踏破していってくれることにも期待してます(笑)

★★★ Excellent!!!

だからいまだに嫁さんも貰えん(白目)。

というわけで(何が?)、第六話まで拝読しました。
まあ、すでにタイトルだけでも概ね察せられるかと思いますが、わかる人には徹底的に刺さるタイプの作品です。
わからない人には、本文で何が面白いのかサッパリ伝わらない箇所もありそうですが、きっとここを読んでいる人にそういう層の読み手は少数でしょう。
なので、別にそれでいいんです。
私は読んでてメッチャ面白かったし、たぶんコレ書いてる作者さんもスッゲー面白がって書いてると思います。

で、わかりあえる人とは「親衛隊の者だな?」「わかりますか」「臭いでな……キシリアの手の者か」とか会話しておけばいいと思います。
ああ、全然おすすめレビューになってなくてすみません。
このランバ=ラル、戦いの中で戦いを忘れた。

★★★ Excellent!!!

すげえよ阿室さんは……。
成績優秀でクールで、なおかつガノタ美少女でもある。ガンダムの名台詞を記憶していて、今度は『お前を殺す』まで。
君は、このガノタの世界を生き延びる事が出来るのか(ファースト並み感)? それとも生き延びた先には、何があるのか(X並感)?