七年目の記念日

作者 蒼山皆水

Good!

そうと知らなければ、誰も”それ”には気付けない

書き始めこそ推理物?サスペンス?ホラー?ヒューマンドラマ?単なる恋愛小説?ほっこり系?等、色々と想像しましたが、読んでいくうちにあれ?と。
そしてクライマックス!
「あー!なる程!」とwww
洞察力の鋭い人はすぐに察するのかもしれませんが、響さん等は最後の一文を読むまで”その事”気付けず、再び最初から読み直しました。
お見事です!

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!