鳴かぬ蛍が身を焦がす

作者 和久井 透夏

黄昏の中に残されたかのよう

  • ★★★ Excellent!!!

淡々としているだけに仄暗さがヒタヒタと静かに迫ってきているような素晴らしい作品でした。
詳しい描写などなくても時代背景が伺える文章に読みふける、というよりも引き込まれます。
その奥底にあった思いは果たして……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

佐倉ゆうきさんの他のおすすめレビュー 4