アイリバース

作者 遠野朝里

76

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

正直な話、最初は「ありふれた異能バトルものなのだろうか」と思ってしまったのですが、この世界の状況、それに対抗する手段などの設定がとても面白いと思いました。
また、終盤は一気に盛り上がり、スピーディに話が展開していくため一気に読み切ることが出来ました。

★★★ Excellent!!!

まず最初に題材がすごく好みでした。
地の文章も綺麗で読みやすく、用語も充実していて世界観の構築具合は素晴らしかったです。

逆にバトルパートはもう少し刺激があってもよかったかなと思うところもありました。これは決して劣っているとかそういうことではなく、状況をもっとイメージしやすくしたほうがいいかなと個人的に思っただけです。特に最初は主人公は追われる側だったわけですしねwせっかくいい文章なのでやりようによってはもっと緊迫感を出せると思います。

あとはもう少し改行を使ってくれると個人的にはもっと読みやすいかなとも思いました。これはおそらく横書きのせいですね。結構作品を読んできましたが、カクヨムという場においてはみっちり文章を書くより、適度に空行入れて、強調したいところはしっかりしてくれたほうが僕としては読みやすいので(実物の本みたいに縦書きならそんなことはないんですけどねw)。

キャラは主人公が一番好きです。一貫した「ヒロインを守る」という信念は主人公らしくていいです。

全体的に僕個人の創作感性にググッとくる世界観と設定だったので楽しく読ませていただきました。

★★★ Excellent!!!

主人公「天橋守弥」は、冒頭から記憶を失い、何も分からない状況にも関わらず、補助頭脳に教えられて「伊佐未那美」を守るという選択をとります。
この選択が最後まで一貫しているので、天橋守弥という男の格好良さ、というよりは一途さを、一読者として見守る気持ちで読了致しました。

天橋守弥と補助頭脳の仲はお世辞にも良いとは言えませんが、状況と、補助頭脳から得られる情報から、次第に補助頭脳への信頼へと変わっていく、そんな天橋守弥の変化を楽しみながら読むと、更に楽しめるかと思います。

全てを読み終えた後に、プロローグをもう一度読み返すと、
「うんうん」という様な気持ちになるのではないかな、と……いや、なった訳です。私は。「ああ~」ともなります。はい。

お話としては中篇~長篇の、一気に読もうと思えば読み切れてしまう量でなの、通勤のお供とか、休憩のお供とかに、おすすめです。
web小説ですしスマホでどうぞ。おすすめです。(2回目)

伊佐未那美ちゃんの設定がえっちくて好き(煩悩)

★★★ Excellent!!!

自分を犠牲にしなければ誰かを護ることすらできない。そんな人たちが誰かの幸せを願って必死になる。喜び怒り悲しみ焦りそんな繊細な心理描写と機械的な人工知能との対話でさらに強調されて主人公たちの心理が色濃く出ていました。あとヒロインがかわいい。萌え。妹もかわいい。萌え。とにかくおすすめですʕ´→ᴥ•`ʔ

★★★ Excellent!!!

近未来な世界観が素敵でした。

主人公もかつての仲間もみんな異なるタイプの異能者で、次にどんな攻撃が来るのか予想できずハラハラしながら読みました。どの能力が一番好きかと言われると迷うところですが、主人公はチート級……!と思いつつもやっぱりいいなと思いますし、電気の人も派手で格好良いなと思います。

あと一緒にいるAIがかわいいです。
見た目がグロテスクと書いてはあるけど、相棒がいるのはいいなーと羨ましかったです。

始め、主人公達は追われる立場なのでうまく逃げ切れるのか不安で、間に入るバトルの度に緊張しっぱなしだったので、家に着いた時はほっとしました。
料理がおいしそうなのもとっても良いです。
おいしそうなシーンがあるお話は良いお話だと思います。

私は名前を覚えるのが苦手で読み方もすぐ忘れる鳥頭なのですが、みんな個性的な能力を使うので、「あ、この人ヒーラーの人だ」なんてマイルールで読んだりして楽しめました。

バトルが魅力的といいつつも、もう少し日常パートや友情パートも見て見たかった気がします。
続編に期待です。

★★★ Excellent!!!

あまり小説(ラノベ含)を読ま(め)ない人間なのですが、こちらの小説は、読み始めたら一気に最後まで読んでしまいました。とても面白かったです。
この作者さんの文章は、作中の風景やカラーや匂いがしっかり感じられて臨場感があります。
ネタバレ回避のため細かく言えませんが、ラストの盛り上がりと伏線の回収の仕方に鳥肌立ちっぱなしでした。

あと、主人公とヒロインの関係が大好きです。
主人公がヒロインのために頑張れて、ヒロインが主人公のために頑張れる。ここをしっかり書かれているので感情移入がしやすく、キャラの魅力が増し増しです。
語彙力がないので上手いレビューが書けなくてすみません。
是非、アニメで観たい作品です。

★★★ Excellent!!!

追手に追われる少女を主人公が助けるというよくあるシチュエーションも、書き方次第でこんなにも面白くなるんだなというのが正直な感想でした。
迫力のあるバトルシーンに、次々と現れる謎。記憶喪失の主人公と一緒に物語を追いながら楽しめる、素敵な作品です。
一見の価値あり!

★★★ Excellent!!!

 宇宙からもたらされた恐怖のウィルス「ライフ・キャンサー」のせいで、人間が生殖能力と純粋な機械文明を失ったという設定のSF作品です。

 さらりとしたようで魅力的な文章は、ぐいぐい読ませる力があり、知らず知らず物語に引き込まれます。純粋な生物と機械にのみ感染する病原体が存在する、という特殊な設定も、あっさりと納得させられる抜群の筆力は見事です。

 主人公・天橋守哉は記憶を失っており、右こめかみに埋め込まれた補助知能を通じて、かろうじて自分の立ち位置を掴んでいる感じです。
 この危うさが、物語全体をピリリと引き締めています。

 守哉が保護した少女、伊佐未那美が何者であるのか、そして守哉の妹まで何故狙われるのか。
 謎が謎を呼び、じりじりと真実の輪郭を削り出していく様は無条件で引き込まれる魅力を持って読者の胸に迫るはずです。
 SFということで固いものを想像しがちですが、悪い意味での「SF臭さ」がなく、滑らかに脳に吸収されていく逸品です。
 是非是非!!!

★★ Very Good!!

※6月25日現在のレビューです。

突然の記憶喪失の中、自分がワケあり少女を連れて、かつての仲間たちから逃走するSFアクション。

ともすれば情報過多になりそうなほどの緻密な世界観を、記憶喪失と補助頭脳を駆使してわかりやすく、そのうえ、それがミステリー的なドキドキに繋がるように演出されています。
この構成力は本当に素晴らしいと思います。

しかも、会話劇の妙で重くなりすぎることなく物語を進めているため、前述の謎の提示の巧みさと相まって飽きさせることがなく、読む手が止まりませんでした。

このレビューを書いた現在、今まさに盛り上がっているところですので、この先の展開次第で、星を加点させていただければ!