幸福の邪神様

作者 海野しぃる

手をつなごうと思えばきっとつなげる。

  • ★★★ Excellent!!!

 作者さんがいて物語ができた、というよりは、別の世界で長い年月の中起こった物語が作者さんの力を借りて、この「幸福の邪心様」という物語になったのではないか、そう思わせるお話でした。

 個人的にとても好きです。

 もしも神様とよべる存在がいたとしても、その存在はただ力が強くて純粋な人(者?)なのかもしれない。
 案外話そうと思えば話すことができて、手をつなごうと思えば手をつなげるのかもしてない。

 どんなに凄い人、強い人(者?)でも、自分とは違うだけの、ただそれだけの命なのかな、とそんな事を考えさせられる物語です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

仲仁へび(旧:離久)さんの他のおすすめレビュー 208