聖女をクビになったら、なぜか幼女化して魔王のペットになりました。

作者 美雨音ハル

1,033

371人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 私は小さい時から魔力が強かった。それが理由かは知らないけれど、聖女だとされて神殿へ連れていかれてしまった。
 聖女の役目を果たすには邪魔となる、魔力を封じるための額冠に、私は長い間苦しめられてきた。
 新しい聖女様がお披露目されるときに、私は偽聖女認定を受けた。王子がその際に、わたしから額冠を取り上げるために、その額冠に触れた。
 その瞬間わたしは、子供の頃から私を苦しめてきた、その頸木から解放されたのだ。
 ……うれしい。これでわたしは、心も体も自由になったのだ…え?…… orz 。

★★★ Excellent!!!

第2章の『友達』まで(レビューを書いている時点での最新話)読みました!

聖女の任を解かれた主人公は谷底に突き落とされ、魔王様に拾われた時には何故か5歳児に!
そんな主人公は魔王城でペット?生活を送ることになります。
聖女だったことがバレては大変と魔王城を脱出したいと考えるのですが、主に食べ物に釣られてなかなか逃げ出せません(笑)

5歳児になってからの主人公がめちゃ可愛いです。
可愛い女の子を愛でて和みたい人におススメな基本的には優しい物語。
日々の疲れを癒してくれること間違いなしです。

あと、優しいお話ではありますが嫌な敵も出てきてメリハリがあり、第1章を読み終わった時点でかなり満足感が得られます。

第2章は今のところほのぼのとした展開(すこし気になる伏線も提示されました)で、このあとどうなっていくのか楽しみ&第2章も主人公が安定して可愛い☆ といった感じです。

第1章で主人公の可愛さにやられた人は特に、第2章も楽しめると思います!

★★★ Excellent!!!

一章までの感想です。

辛い境遇にあっている主人公プレセアには心から幸せになってほしいと思います。
この話はプレセアが魔王様に溺愛される話ですけど、結構シリアスです。
甘くて楽しい話を期待している人は、ひょっとして戸惑われるかもしれません。

けれど、愛される物語であることは言えます。

辛い思いをしてきた主人公が、温かい場所で愛される。
胸が悪くなるような展開もありますが、優しい物語でもあります。

陽だまりの中で笑っていられるような人生を送ってほしいです。
主人公が主人公らしく、幸せであることを願わずにはいられません。

痛みを、苦しみを分かってもらえなかった、理解されなかった辛さをあじわった主人公にはどうか幸せに生きてほしい、そんな風に思える作品でした。

Good!


 敵役二人が「貴様には死すらも生温い」コースまで見えてくる不快指数だったので、結末が意外でした。
 物語全体として主人公が復讐を望まない、周囲も汚れ仕事を負わない、という結末を選ぶことには違和感はないので、そもそもの人物造詣が間違っていると思います。
 結末の割に敵役がひたすら不愉快なだけであまりにも魅力が無さすぎます。ここまで不愉快でつまらない敵役に許される末路は悲惨な死か誰にも顧みられない野垂れ死にだけだと思いますね。聖女様には平蜘蛛にダイナマイト詰めて高笑いしながら自爆するぐらいの気概が欲しかったです。

★★★ Excellent!!!

名前:プレセア
職業:聖女
能力:
①癒しの力
②人間界と魔界の間に結界を張る力
③飛行魔法、水魔法を扱えるだけの莫大な魔力
見た目:5歳児 (実年齢は15歳)
性格:真面目なようで、実はやんちゃ

特徴:
魔王に養われた経験あり。
無実の罪により”処刑”され、見た目(と中身も少し)が5歳児まで戻ってしまっている。
莫大な魔力を持っているが、5歳児であること、また育った環境のせいで上手く制御できていない。
これからの伸びしろが期待される。

≪特記事項≫ この世界の魔王様はイケメン

女神リスタルテのコメント:
中身は15歳、でも体は5歳。そんなギャップが良いわよね! 魔法の制御が出来ない所なんかも共感しちゃう! 私も膨大かつ絶大なる治癒能力を持てあますところがあるから……って誰が薬草女よ!! 
それはさておき魔王様がイケメンなの! イケメンなら別に討伐なんかしなくていいわよね! あー、私も誰かに甘えたいなあ……。

(女神リスタルテが選ぶ「この勇者が召喚したい!?」特集)