短編【追放されたけどチートスキルに覚醒した人の話】

作者 八木耳木兎

斜め上の方向へとすっとんでいく追放もの

  • ★★★ Excellent!!!

追放ものであるという事は間違いのない作品です。

追放される所から始まり、追放でしめくくられるため、追放というテーマをこれでもないくらい使用しています。
しかしその方向が斜め上にすっとんでいるため、読んでいて意外な気持ちにさせられます。

定番のテーマをおさえつつも、予想外のオチが読みたいという人におすすめです。
最期まで楽しく読むことができます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

仲仁へび(旧:離久)さんの他のおすすめレビュー 224