鉄腕ゲッツ

作者 名月明(アキラ)

44

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

16世紀のドイツでその名を馳せたゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン――
大砲にぶっ飛ばされた右腕を鉄の義手に換えて生涯を戦い抜いた“鉄腕ゲッツ”の波瀾万丈を描いた作品がこれ!

まず驚くのはこの人が実在の騎士ってこと(ちなみにその義手も残されてます)。
フェーデ(私闘。主に決闘のこと)をこよなく愛し、宗教改革と宗教戦争に明け暮れる中世ドイツで大暴れしたゲッツさん。実際かなり問題ある人だったみたいですけど、著者さんは歴史の重厚さを醸し出しつつ、スカっと気持ちいいゲッツさんの姿を書き切ってくれてます。
この筆の思い切りのよさが、ゲッツさんの破天荒さを実に痛快な主人公として成立させて、延いては無比なる歴史エンタメへと高めてるんですよ。

読み終わると「こんな男がいたのか!」と思うことうけあい、さらには彼を取り巻く歴史まで知りたくなることまちがいなしの一作です。

(スタイリッシュにフルスイング!尖ってるドラマ4選/文=髙橋 剛)

★★★ Excellent!!!

登場人物多く、地名もいっぱい出てきます。ちょっと途中時間を置いてしまいましたが、混乱しませんでした。
闘いにつぐ闘い、血の気の多い主人公ゲッツに活躍の場の多い、戦争多く私闘がまかり通る時代。騎士の役割が終焉を迎える、不安とやるせなさも漂っています。
ドイツの19世紀の本を読んだり、ルターに興味ある私としては、過去をさかのぼる興味深さもありました。
主人公の魅力と、敵であっても気持ちの通じる人物、味方であっても通じない人物が出てきて、戦乱の世の複雑さを垣間見た気がします。




★★ Very Good!!

中世ヨーロッパは暗黒時代とも言われていて、略奪や強盗、紛争の絶えない殺伐とした時代でした。
正直、こんな時代に生まれなくて良かったと心底思うんですが、だからこそ、この時代を駆け抜けた人間は本当に強い。力も、心も、胆力が比べ物にならないほど、強い。

ゲッツもそんな豪傑の一人と言えるでしょう。

世間のはみ出し者、荒くれ者、人に私闘を吹っかけて金品を巻き上げることしか能のない、盗賊騎士。まともな稼ぎと言えば傭兵稼業。
何と因果な生業か…前半部では破天荒なゲッツの喧嘩三昧を通して、当時の時代背景をこれでもかと読者に叩き込みます。

そして訪れる中盤の転機。
ゲッツの右腕が戦争により失われ、鋼鉄の義手を身に付けるようになってから、劇的に物語が動き始めます。

誤解を承知で言うならば、主題である義手の登場が遅いのではないか…と当初は思いました。
恐らく、題名を見て読み始めた人ならば、誰もが思うのではないでしょうか。いつ「鉄腕」になるんだよ、と。
前半部はもっと削るべきじゃないか、と。
ことウェブ媒体では、主題の出し惜しみは致命傷となります。引き延ばしはすぐに飽きられます。

が。
終盤ゲッツが参加した戦争にて、前半で親交を深めた男たちが次々と役目を終えて行きます。
そのとき、読者は思い知るのです。

前半部は無駄じゃなかったんだ、と。

あれがあるから、この最終決戦はこんなにも感動できるんだと。

歴史小説は、大きな改変を出来ません。ゲッツの生涯は、史実通りに綴らなければいけません。
仲間との出会い、敵との邂逅は、彼の右腕が健全だった「前半部」にて結ばれたもの。ならば、前半部を省くわけには行かない。
右腕を失うまでのドラマこそが、実は一番大切だったんだよという逆転の主題。

お見それしました。面白かったです。

とはいえ序盤のフックが弱かったのは否めないので、何か代わりの餌をまい… 続きを読む