カクヨムでヨミカキ。

作者 久保田弥代

158

69人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なるほど!と思いました!


ではここで読んだことの百分の一も有効活用できてないので、すこし考えてみる。

そもそも何の情報がほしくて読み始めたんだっけ?
そうそう、まずは、そもそも面白さとは何だ?が知りたかった。

面白いって何だろう?
読ませる力って何だろう?

その答えを、自分の言葉に変えるために、いまこうやってレビューしています。

構成の妙にしたところで、言われてみれば確かにその通り!なんだけども書きながらできないのがしろうとの辛いところです。これが頭のなかでできていればさぞや書きながら楽しいだろうなと思います。
自分で自分の作品の続き読んだり書いたりが楽しみでしかたなくなるような、続きが!?になるようなテクニックが欲しい。ほしいよー。




★★★ Excellent!!!

ちょっとでも面白いと思ったら星を入れて、
人に薦めたくなったらレビューを書いて。

自分の中ではある程度の基準はあったけど、
「面白い」作品とはどういうものなのかを
ここまで突き詰めて考えたことはなかった。

読み専から見ても、参考になることばかり。
きっと書く人なら、もっと参考になる。

★★★ Excellent!!!

創作にまつわる基本姿勢から説き起こし、自作までまな板の上にのせて切り刻んでみせる。これほど熱意と誠実さにあふれた創作論はそうそうあるものではない。なにしろ読むことによって創作への意欲がかき立てられる。表現に苦しみあがく者への大きな励ましともなっているのだから。カクヨム誌上でこれに匹敵するものはおそらく皆無である。創作を志す者はぜひ心して読み通してほしい貴重かつ最良の一作!

★★★ Excellent!!!

以前から拝読させて頂いておりました。漫画原作コンテストでの反省と言いますか、ご自分の作品やご自身のことを冷静に分析出来ていることが凄いと思いました! なかなか真似できることではないですよ!

それと、この創作論を拝読していて勉強になったのが、コンテストの特色を考えなければいけないと言うこと。漫画コンもそうですが、今のグリムノーツシナリオコンテストも厳密には普通の新人賞とは少し違いますものね。

コンテストによって作風と言いますか、作品の書き方を考える。多彩なコンテストを開催しているカクヨムでは大事なポイントになりそうです。

今後の更新も楽しみにしております!

★★★ Excellent!!!

今回の話は私にとって非常に有意義だったと思う。もし、作者さんがこれの一個前を投稿した段階でここまで書く用意ができていたのなら、私の前回書いた感想には全く価値がなかったことになる(切ない)。

なるほど、日常の隙間を見せるのがポイントなのかと思った。思い返せば私の作品には隙間がない。必要な事を無理やり敷き詰めていたのではないか? と振り返る。
もちろん、見せすぎはよくないというのは分かっている。日常の見せすぎは、物語の進行を止めてしまうし、読みにくくなる。ただ、物語に緩急をつけたいときにはこのデメリットはメリットへと変わるかも知れない。

小説作品の奥の深さを考えさせられた。


てか、何回もレビュー(感想)書きなおすのって迷惑ですかね……。

★★★ Excellent!!!

このサイトと長い”お付き合い”を
していくための「良き心構え」とは何ぞや?

読むことと書くことを
悩みつつも「知る」ことによって
「まだまだ上達させたい」と望む方たちへ宛てた
あたたかいメッセージのように思います。

レビューって、確かに緊張します。誰でも読めることを前提に
しなくてはならないから…

★★★ Excellent!!!

一人称が難しいというのは、同感です。視点の切り替えや、情報の開示の問題点など、デメリットが多いのは、やってみないとわからない。まさに罠(笑)。
そして良いレビューが、カクヨムを発展させる要というのも頷けます。
私も、真面目な良いレビューが書けるようになりたいです。

★★ Very Good!!

 ヨンダ編にて、うげっ、となりました。比喩的すぎるというか、場の空気にあわない文章。良かれと思ってやってしまうんですよね……本当に反省。
 カイタ編はもちろんですが、ヨンダ編では共感というか、いろいろと思い当たる点が多かったです。もちろん書き手として。それだけ、読む側の意識っていうのは考えないといけませんね。

 星の評価方針についても、参考になりました。というかこの方針、運営の方でもある程度記してもらえれば……。
 レビューの存在がいかに重要か、改めて知った気持ちです。良い書き手とは、良い読み手。素敵なレビューを書いている方がいると、この人はどんな作品を書いてるんだろう、と興味を引かれることもありますし。

 ――と、可能な限りレビューを書かせて頂きました。小説を書き始めて間もない方も、是非このエッセイを読んでみては?

★★ Very Good!!

形式は、エッセイです。
でも、それだけにとどまりません。

書かれていることをよく読むと
作者が陥りがちなミスの指摘など
「そのとおり!」と思うことばかり。

文章を書き慣れていない人にとっては
とても参考になるエッセイです。

小説を書くのって
そう簡単ではないですから……。