フクシマに積もる雪

作者 黒井羊太

私は福島の未来を信じる。

  • ★★★ Excellent!!!

「可哀想」この一言が、どれほどの意味を持つのか貴方には分かるのでしょうか?
あの震災を経験した人に言えますか?

「「可哀想」」

たった一言の言葉で絶望する人がいる事を知っていますか?

この"可哀想"は時に人を傷つける言葉です。

貴方は可哀想と言われたら、どんな感情を抱きますか?

考えてみてください。

福島は原発で危ないから...と話す人はいまだに多いと思います。
その様に話す人をどう思いますか?

私はその様な人を、思いやりの気持ちが持てない"可哀想"な人だなと思います。

その様な人達のせいで苦しんでおられる方の事を考えてみて欲しい。
雪ちゃんの事を思うと涙せずに入られません。

福島の未来を奪わないでいただきたいのです。


そして、この作品を多くの方に読んでいただきたい。


この作品を読んだ方には人を思いやる気持ちを持って欲しい。

人によっては綺麗事だと思うのかもしれません。

それでも私は言いたいのです。

人と人の繋がりが未来を作るのだと。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ほびっとさんの他のおすすめレビュー 17