短編

作者 波月星花

9

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

自分の子供を愛する事が貴女には本当にできるだろうか?

今までの人生の主役は自分である。

しかし、子供が生まれたら今までの様に主役であり続けられるだろうか?

答えはYesでありNoである。

今までは女性として、そして、これからは母として主役であり続けるだろう。

母として子供を愛するという事が如何に大変な事なのか、貴女には分かるだろうか?

与えるだけが愛ではない。

非情とも思える、この母の行動もまた愛なのである。

愛するがゆえに、伝える事は許されない。
時に人は愛する想いを伝えることができない生き物である。