【詩集】空に詩を与えられ

作者 千求 麻也

人が空に想いを馳せるのは、雲に手が届きそうだからかもしれない。

  • ★★★ Excellent!!!

人が空に想いを馳せるのは、遠くにあるはずの雲に手が届きそうと感じてしまうからなのかもしれない。

見上げた先にある空は人々の想いを雲に乗せて流れていくのだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

ほびっとさんの他のおすすめレビュー 17