最近、早漏だと思っていたけど、二発目以降の持続力と硬さが人よりも勝っている事を知ってセックスが楽しくなり始めた件

作者 おっぱな

110

47人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

うん、意味わかんない。

広範なアニメへのリスペクトと、息をつく暇も与えないリズミカルな連射が、貴方をまだ見ぬ世界へと連れて行きます。

うん、意味わかんない。

宇宙戦艦ヤマトをもう一度観てみようと思いました。

とりあえず、誤解ないように言っておきたいのは、このレビューはちゃんと、褒めてるんだって事です。

どこがって?

まぁ、読んでみたら分かりますよ……残念ながら……

ホント、意味わかんない。いい意味で!

★★★ Excellent!!!

 いや… 内容も外れてないんだけど
小気味よい 語り口調に、のせられて サクサク読めます。
そして 本を読んでこなくて、マンガを読んできた 私でも
笑えます。

 読み終わった後 タイトルの感じとは違う、壮大な
大きい気持ちを 抱ける感覚、そこが 男性のロマンなのかも
と、私には 理解しがたい、奥深さを感じました。

★★★ Excellent!!!

 タイトルからお下劣な内容を連想させますが、さにあらず。非常に幻惑的な展開がこれでもか、これでもかと繰り出されます。しかも畳み掛けてくるので、非常にスピーディに読み進める事が出来ます。
 
 本作は幻想文学の王道を貫き、夢幻の世界を非常に見事に描き切っています。読み終えた時、まるで夢幻の最中を突っ切った様な感覚を味わえるでしょう。シュールコメディ物が大好きな方には、非常にお薦めの逸品です!

★★★ Excellent!!!

迂闊にも第5話の2行目で笑い転げて、しばらく戻ってこられなかった。

言い切る強さは見習いたい。

狙ってだと思うけど、ホントにこの作者さんの語り口調は面白い。

作品を読むのは他の人のレビューを読んでからというタイプの読者さんへ。

いきなり第5話を読んでも面白さはわからないと思います。
最初から読んで〜の、その場所で、ドッカ〜ンwwwなのです。

★★★ Excellent!!!

この島国におけるオーソライズドアートのひとつともいえる、純文学とは何か。
それは、反社会的なことを行う様を、アートとして肯定的に描くものである。
それは、源氏物語の時代から伝統的にそうであるといえる。
源氏物語では、後宮のおんなと不義をはたらくという罪悪を、もののあわれとして肯定的に描いてみせた。
そしてそれは、近代まで受け継がれていく。
芥川は、地獄変においてひとを殺す様を、アートとして描いてみせた。
これは、大衆文学と一線を画す。
なぜなら、アートという免罪符において苦悩することを放棄し、恥知らずであることを選択するからだ。

本作品も、性行為を職業として行う様を描いている点において、反社会的行為を正当化する純文学の伝統を如実に受け継いでいる。
しかし、単なる恥知らずとして終わらないのは、SFであるからだ。
それは、エバレットの多世界解釈において、正当化される。
これこそ、イーガンと芥川のアクロバット的結合ではないだろうか。



★★★ Excellent!!!

圧倒的次回予告ぅ!!!!
作者の圧倒的構成力により描かれるとある武勇伝。
これは……フィクションなのか? それとも……!!!


大変笑わせていただきました!


『人間の全て貧乏になる人と金持ちになる人の違い』絶版
を取り寄せしたいのですが図書館で手に入るでしょうか?w

Good!

出オチ、イッパツネタ、パロディの三拍子揃った変態がまたカクヨムに……。
フーゾクの敷居ってなかなか高いよね、どうやったら気楽に通えるようになるんだろう、と不安がる、ややうつ傾向にある20代無職くらいの人に特にお勧めの内容です。
晴れやかな読後感と変わらない日常を約束します。
イッパツで終わりかねない雰囲気だけど大丈夫かと心配しながら見守ることにしました。