プラグレスでゲームしようよっ!

作者 グリップダイス

28

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

ボードゲームは、昔から好きで結構色々やってたりしますが、本作で紹介されているゲームは、「えっ、そんなのあったの?!」という感じのゲームが多かったです。
とりあえず、サムライソード斬は、気になりますね。
外国人の考えた戦国時代!みたいなカオスな世界観で、人狼系バトルって楽しそうです。

★★★ Excellent!!!

 ゲームブック……かつては、あらゆる書店に、種々様々なタイトルが並んでいた。
 ーーーそんな時代が確かにあったことを思い出させてくれました。

 『ドラゴンファンタジー』シリーズの『暗黒城の魔術師』は、私が初めて手に入れたゲームブックでした。

 『ソーサリー!』は『48の呪文』を覚える方が、(試験勉強よりも)最優先事項だったあの頃。

 『ギリシャ神話』シリーズは、当時の私には、まだ早すぎました。

 紹介されたゲームブックのタイトルはどれも懐かしく、あの頃のアツイ(?)気持ちが沸々と蘇ってくる……そんなゲームブックレビューです。

 ボードゲームのレビューもわかりやすく、読むとプレイしたくなる。そして、説明書を読まなくても、なんとなくプレイできそうな(気がする)、そんなレビューの集まり。

 それがこの『プラグレスにゲームしようよっ!』なのです。

 とりあえず、ゲームブック引っ張り出すか(キリッ!)。

★★★ Excellent!!!

 ボードゲームを楽しく、わかりやすく紹介してくれています。
 読んでいて面白そうだと思った「パンデミック」を実際に買ってしまいました。
 遊んでみると本当に楽しい。今までボードゲームというのはプレイヤー同士で対戦するものばかりだと思っていたのですが、「パンデミック」は紹介にもあるようにプレイヤーが協力してゲームシステムと戦うので、仲間内でギスギスしません。
 これからもどんどん面白いゲームを紹介してほしいです。
 皆さんもぜひ、ご参考に。

★★★ Excellent!!!

タンスの肥やしにするもんじゃないですね。
あまりにも楽しそうな情景が浮かぶのですよ。
カーウォーズも懐かしい。
左右側面にのみ武装を積んだりとかやりましたなあ。
また遊びたくなってきた。

こういった非電源ゲーム推しのエッセイはぜひとも読むべし!
そして遊んでみるべし!
まだまだ面白い非電源ゲームもありますしね。
再版されたオーガとか、モンスターメーカーなんかのライトなカードゲームとか。
このエッセイに触発された人はきっといるはず!
続きを楽しみにしてます。

★★★ Excellent!!!

非電源ゲーム(俗に言うアナログゲーム)について語る面白さが、次第に認知されてきたように思う。
その代表例としては、TRPGリプレイが昔からある。プレイ結果を戯曲形式で整理したこれは、キャラクターの台詞や振る舞いとそれを操るプレイヤーのメタ視点での言動が混在し、笑えて読みやすくも複雑な味わいとベタな王道物語とを同時に楽しめるジャンルだ。
しかし非電源ゲームはTRPGだけではない。ボードゲームやカードゲームは数多存在し、毎年新作が生み出されている。
緑一色『スピタのコピタの!』(新紀元社)は、TRPGのプレイレポート(リプレイに非ず)をメインとしつつ、ボードゲームも時々遊んでいる漫画(※最近の巻は長らく読めていないので、比率が変わっていたらすみません)。中道裕大『放課後さいころ倶楽部』(小学館)は、ボードゲーム好きな女子高生たちを主人公とした漫画で、基本的に毎回一つはボードゲームが新たに登場し、物語に関わっていく(時にはだるまさんがころんだを扱ったり)。前者は遊んでいて実際に起きた珍プレイや実在人物の言動が楽しく描かれ、後者はストーリーと紹介されたゲームとキャラのやり取りとが渾然一体となって伝わってくる。
本作は、それらの作品とはまた別のアプローチで非電源ゲームを紹介していくレビュー集だ。

第一回で紹介したのは、伝染病拡大から世界を救う『パンデミック』。これは先ほどの『放課後さいころ倶楽部』でも取り上げられたことがあるのだが、そちらではストーリーの展開にも重きが置かれている。こちらでは、よりシンプルにこのゲームの魅力を語り興味を惹いているのだ。
第二回以降も、危険なダイヤ採掘で一獲千金を目指すチキンレース『ダイヤモンド』、大暴落を目前とした株式市場で資産確保を目論む『ムガル』など、身近な話から始めつつゲームの紹介へとスムーズに流れていき、友達や家族と都合がつけば遊んでみたい… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 コンピューターゲームの出現と台頭によって『非電源系ゲーム』と呼ばれるようになってしまった、いわゆるアナログゲームを、とてもわかりやすく解説されている作品です。

 4月15日現在、今までに更新された分はすべて拝読しております。
 文章を通して語られるのは、題材として挙げられたゲームが『どんな風に面白いのか』――言わば、ゲームの根幹とも言うべき、遊んでいる最中のドキドキ、ハラハラ、ワクワクした感覚です。それらがダイレクトに伝わってくるため、どれも遊んでみたくなります。
 また、ゲームのルールを簡単に、かつ理解しやすいかたちで説明して下さっているので、
「このゲームが気になる……けど、きちんと遊べるかな?」
 という、アナログゲーム購入前に感じる不安やハードルの高さも、ほとんど感じることがありませんでした。

 個人的に、アナログゲームはひじょうに遊んでみたい分野なのですが、何を買えばいいのかわからない……ということが多かったので、ものすごく助かりました。
 調べてみたところ、いちばん遊んでみたかった『ダイヤモンド』が惜しくも廃盤になっていたため、『インカの黄金』の購入を検討しようと思います。
 ありがとうございました!

4/23追記:インカの黄金購入しました。近いうちに友人と予定を合わせて遊んでみます!