イックーさん

作者 華早漏曇

1360

494人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

下ネタ混じりの―下ネタのみの―本文から作者の教養がじゅんじゅん滲み出ている(エロい)。

そのNHK的昔話を解体する文体、禁欲的な展開、ぶれないキャラクター、控えめな落ちのカタルシス。

すべては「しょうもない」のために。

なんてしょうもない。

★★★ Excellent!!!

「ナンダコレ……」

恐らく1話だけでも読めば、こう思わない人はいないのではないかと。

とにかく終始徹底してイキきってるので、その潔さがむしろ好感につながっている(個人の感想です)。全く生々しさがなく、腹を抱えて笑えるギャグ漫画ような雰囲気に仕上がっている。一話ごと完結なのも読みやすいですね。

著者の方のネーミングセンスには、これはもう脱帽の一言。あと散りばめられる無数のカタカナね。

まぁ、読めば分かる。



一つだけ言うとすれば、ネズミの回がちょっとヤバいってことぐらいです。

★★★ Excellent!!!

書籍化作品の欄から気になって見ました。
あまりキツくない、ゆるい下ネタに思わず笑ってしまいました。
ネーミングセンスといい、言葉遊びさえ感じられる本文。
発想の勝利ですね。

★★★ Excellent!!!

色んな意味でスピード感のある物語。ギャグセンスが素晴らしい。実にスタイリッシュな下ネタ。最早下ネタという言葉も似合わない程のスタイリッシュ。書籍の販売日がエイプリルフールなのは偶然なのだろうか?

★★★ Excellent!!!

まずは、これを書籍化した角川スニーカー様の暴挙――あ、いや、英断に拍手を送りたい。
だって、終始イックーさんがイキまくるだけの物語ですよ。
おそらく書籍化の打診があったとき、作者様は飛び上がって驚いたでしょうね。

「え? これが書籍化でいいのっ!?」みたいな(笑

しかし敏感な坊主である。ちょっとした刺激ですぐに出しちゃうんだから。そしてすぐに生成されるセイシ。と思ったらまた出す。パンツ大丈夫っ!?

さあ、このネタでどこまで続けられるのか、作者様の手腕に期待ですね。


最後に一言。

くだらねええええええwwww(褒め言葉)

★★★ Excellent!!!

展開されゆくネタといい、コミカルな間といい、作者様は変態と言う名の天才であるのでしょう。何処と無く気持ちを制御した恋愛下ネタを描いた作品とは明らかな一線というか、開き直りというか、ここまでイければ読む側も気持ちいい!この作品を越して、世のギャグストーリーはそうそう現れないだろうと、まさに私の下半身がそう感じております!

★★★ Excellent!!!

書籍化発売ってことで、読ませてもらいました。くだらなくって、いいですね。くだらないけど、オリジナリティがあって、唯一無二の作風。くだらないけど、一話の長さがちょうど良くって、読みやすい。小説というよりも、もはやイックーさんのコント集のようですが、楽しいです。書籍化されても、これ、アマゾン案件ですね……。本屋で買うのは、ちょっとね……。

★★★ Excellent!!!

笑いを生むパターン、あるいは読者の期待するパターンを確立し、それを計算された展開の中で用いて期待通り笑わせてくれます。
娯楽小説として感服いたしました、今後も続きを拝読します!

★★ Very Good!!

時は、せい暦2せん17年。2月10日。何故、後9日待てなんだかな。その男は、大層怒っておったそうな。

その名をジョセッフスと申す。
この男が、何故この様に怒っておるのかは理由があっての。

「こんな、文学をコケにしたような作品が書籍化だと⁉ おのれ‼ カクよむめっ⁉ いよいよ堕ちる所まで堕ちたか⁉」

この男、文学に対し、非常に頭が固く、そして逞しくての。剥げた頭の先っちょにいつもねっとりと脂汗を浮かべておる。怒っとる影響か、横筋……こめかみに血管が浮きあがってきおったわ。

「この様な文書が、俺達のカクよむの書籍化作品に名を連ねるなど、断じて許さん! レビューで、けちょんけちょんにしてくれるわ! 」

そうして、その男、第1話をクリックしそうろう。

画面の文面に口を押える。
「なんと、下品な………! 」
そのまま、第2話をクリックしそうろう。
「………………」
最早止まらぬ。そうろうは、悲しいことよの。

ジョセッフスは既にイックーさんの魅力に撃ち抜かれておったのじゃ。

やがて、彼は全てを悟った顔を浮かべると、その場を後にした。

後に、そこにはカピカピになったまうすと、キーボードが残っておったそうな………めでたしめでたし。

★★★ Excellent!!!

 くそっこん(以下略)
 めちゃくちゃ面白かったです。下ネタに次ぐ下ネタ、怒濤のしょうもない下ネタの連続なのですが、毎度毎度よく思いつくなあ! 笑いを通り越して畏敬の念を覚えてきました。これが天賦の才か。

 室町、ではなく夢漏町幕府の時代に活躍した、アンッコク寺の小坊主イックーさんについて語るお話です。
 もうほんとしょうもないです。登場人物全員アホです。なんでかイくことばかりなんですよ。だがだからこそ愛しいんだ。この世界には悪いやつなんていないんだ……下ネタは世界を平和にするんだ……。私は特に俗物オブ俗物の和尚さんが好きです。
 語り部(なんと第30話で正体が明かされる)の鋭いツッコミも素晴らしいです。キレッキレです。

 しかし、ただ下ネタばかりを言っているわけでもない。
 イッて賢者の刻を迎えたイックーさんの賢いこと賢いこと……! イックーさんが授けてくれる知恵には毎度驚かされます。
 冷静に読み返すと、この作者様はきっとイックーさんばりに知恵と勇気をもった賢者なんだろうな、と思うんですよ……。

 エピソード単位で言うと、私が一番好きなのは春画絵師の官能氏の話です。すべての創作屋さんに読んでもらいたい名作でした。泣けます。いい女房をもったなあ!

 これからも楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

思春期。あらゆるものに色気を感じたあの頃。
否。そうしなければ、生きていけなかったんだ。
大人たちの手によって、ソレは厳重に隠匿されていたから。

それが今ではネットにアクセスするだけで簡単に手に入っちまう。
挙句の果てはスマホでお手軽ぽんだ。

知ってるか?
茂みのなかで濡れた雑誌のガードを解くときのもどかしさを。

知ってるか?
昼はカバーで覆われ深夜にだけ光ることが許された自販機を。

知ってるか?
BS放送でモザイクのかかった肌色に想像を膨らませる丑三つ時を。


僕たちは便利になっただけ、いろんなものを失ったんだよ。
「イックーさん」は僕たちが何を失ったのか、教えてくれるんだ。


※まさかの書籍化! カクヨム、マジですげえな。

★★★ Excellent!!!

 レビューを投稿するならこの日、と決めていました。
 某仏教大国では日本よりも人気を博した小坊主さんが主人公の名作アニメ。
 それを大胆アレンジ、というより根本(こんぽん、ねもとじゃないです)から別ベクトルの作品に仕立てています。
 内容はみんながキライではなく、結構好きな――――でも天下の往来では口にしにくいもの。
 本作では微に入り細を穿つように徹底した世界観、風俗(エッチなやつ……だ!)時代背景まで見事に一色に染め上げています。
 まさに感服の極み。
 これを読んでから小一時間あとくらいしたあなたも、賢者のように爽やかで澄み切った笑顔、クリアな視界、明晰な洞察力を得られるかもしれません
 (ならない(-_-).。o○0〇

★★★ Excellent!!!

もうめちゃくちゃに好きです。
ファンです。愛しています。
あとは(書籍版を買う)勇気だけです!
とてつもなく恥ずかしいのでフェイクとして、まじめな純文学風のカバーをかけておいてください。
モロ出しの場合は購入しませんのでよろしくお願いします。

★★★ Excellent!!!

こんなに笑ったのは久しぶりっていうほど笑いました! 全編すさまじいほどの下ネタが出てきながら、文章もキャラもストーリーもネーミングセンスのどれもが抜群に面白いです! 鬼才というか奇才というか、圧巻の一言です。下ネタだから、と敬遠している方も、まずは数話読んでみてほしいと思います。独特のシモネタワールドにハマッて、イッキ読みしてしまう人続出だと思います!

★★ Very Good!!

 お主、なんたるものを……なんたるものをおカキになったのじゃ……
 こんなものを読んでしもうては、もはや「カクヨム」という単語すら正視できぬ。
 「か、カクのか!?」と狼狽するであろうが。
 「スラップスティック・コメディ」とでも言おうものなら、「どこのスティックをスラップするのかのう、マニアックな快楽が得られそうじゃわい」などと連想する有様。
 わしの言語感覚は破壊され、二度とは戻らぬ……
 カクなる上はイックーさんを全ジャンルのナンバーワンに押し上げ、カクヨムをカクヨム(淫語)に変えるべし。
 それがワシらの、イキる道じゃ……

★★★ Excellent!!!

ひどい。

それ以上にこの作品を的確に表現する言葉が思い浮かばない。ひどい。起承転結、徹頭徹尾、全方面に渡って余すところなくひどい。しかし、それは同時に驚嘆すべき事柄でもある。このような純度100%ひどさ、綿密な計算なしに到達できるものではないからだ。

自然界に「純水」は存在しない。真にピュアなものはいつも人の叡智によって作られる。もし本作の作者が天然自然に任せて思いついた下劣な言葉を書き殴るだけの人間であったなら、不純物を多く含んだ苦み走るひどさが姿を現して終わったはずだ。作品が作者のたゆまぬ努力に裏打ちされているからこそ、汚れを知らぬ乙女が初めて抱いた恋心のような澄んだひどさが生まれ得る。

さながらコーヒーを一滴ずつドリップするように、頭蓋の中のるつぼを掻きまわして少しずつ少しずつ純粋なひどさを抽出する。やがてコーヒーカップに溜まったそれは珍妙な色をしており、貴方はそれを一見して美味とは思えないだろう。しかし濃厚で芳醇な一風変わった香りが貴方を惹きつけて離さない。果たしてこのようなものが本当に美味いのだろうか。興味半分恐怖半分で口をつけた貴方は、きっと、ほとんど無意識にこう呟くはずだ。

「これはひどい」

是非、ご賞味下さい。

★★★ Excellent!!!

さらりとしているのに濃厚、匂い立つ個性、非常に味わい深い。

コンパクトで、トンチが効いていて、オチもある。一休さんパロディに求められる作話技術は高い。それを当然のごとくにクリアしてからの、容赦なくまぶされる下ネタ。
下ネタがこれでもかというほど丁寧に散りばめられている。むしろ敷き詰められている。土台の話からして下ネタなのに、その上に下ネタをトッピングする。下ネタミルフィーユ。

人生でこれほどまでに下ネタまみれの文章を読んだことがあっただろうか、いやない。あってたまるか。官能小説ではなくて下ネタ小説。エロがエロくならず、おかしみを醸すギリギリを攻め込み続けるエクストリームレーティング、面白い。バスの中で読んで悶絶している。

★★★ Excellent!!!

 作中登場人物、ストーリー、その尽くが大バカの極みであり、そして作者の文章力の高さが遺憾なく発揮されていて、非常に高いレベルの短編集になっています。バカの仮面に隠された、作者様の知能の高さに驚嘆です!!

 エロギャグだと思って敬遠している方はもったいない!
 非常に優れた筆力で紡がれる逸品が揃っています。
 名作揃いですので、是非ご覧下さい!!

★★★ Excellent!!!

天才……奇才……
数多の才覚ある人間が日の目を見ずに淘汰されていくなか、かの天才はこの地に降臨した……

あなたの元で修行したいものだ……

★★★ Excellent!!!

天才とはかくあるべき。

天才とは往々にして、衆愚によって淘汰され、彼等が日の目をみるのは没後となるものです。

しかし、幸か不幸か、僕を含むあなた方衆愚は(著者の才能と我々とを明確に分けるため、敢えて誤解を恐れずこのような言葉を選ばせてもらう)、著者の才能を彼が生きているうちに理解し、賞賛することが出来ます。

より多くに理解出来るよう、ネタの落としどころをきちんと弁え、ところどころに散りばめられたパワーワードは我々の内から笑いを引きずり出してきます。

ただの出オチ作品と思って敬遠している方には、是非読んでいただきたい作品です。
きっと、創作に対する著者の造詣深さに舌を捲くことでしょう。

僕もルサンチマンに囚われながら、この高みを目指して精進しようと思いますが、果たして到達はいつになることやら……

★★★ Excellent!!!

ネーミングセンス、語り部の口調、キャラクター、オチ!確かにお下品ですが、じわじわくる……、全てにおいて冴え渡っています。お下品なのに、ここまで引き込まれるなんて、くう……悔しいけどッ……みたいな心境です。恐ろしい才能だと思います。
いい意味でぶっ飛んでます。

★★★ Excellent!!!

天才です。Genius.
なかなかにお下品な題材ながら、頓智の効いたセンスや某イッキューさんを彷彿とさせるネタもキラリと光る。
笑かされる事必至。頭の切れた作者さまであると伺える作品です。