7日間。竜は自動車姦に目覚めるか?

作者 あっはっはっはっ

55

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「頼む! 俺を〇してくれえぇ!」
 そしていきり立つグリーンドラゴンの吶喊。

 そんな激烈な冒頭から始まる小説です。

 開幕一番こんなセリフが出て来るなんて、よっぽど濃いドラマがあったか作者がヤバいかの二択ですが、おそらく両方です。

 どうやら本作は異世界転生。
 次に来るのはお決まりの転生シーンだろうと気が緩むのですが、まったく容赦がありません。

 念仏を唱えながらいたす、ど根性ヒューマン、ドラゴンカーセックス……。

 一度読んだら頭から離れない名文の数々が序盤から襲来します。
 そして呆然とする転生女神(と読者)をよそに、五トントラックに転生した主人公は健気にドラゴンへと挑んでいくのです。
 そのカチカチになった陰茎を自らに突き立ててもらうため。

 しかし冷静に考えてみてください。
 ドラゴンカーセックス。
 ケモでホモでメカです。
 うまくいくはずがないのです。
 好事家ならばドラゴンが白いセダンにグラインドするおぞましいGIF動画を拝見したことがあるかと思いますが、あんな状況起こるはずがありません。

 ですが。

「あれなら俺の重量でもなんなくファックしてもらえる」

 ど根性ヒューマンへと転生した主人公は決してへこたれません。
 そこに社会に流され不幸な死を迎えた人間時代の面影は皆無。
 ひたすらに力強く、物語とレイプ目の読者を牽引していきます。

 ……ここら辺で正気に返り、これ何文字くらいの小説なんだろうと紹介ページを見たのですが、なんと約14000文字です。
 まだ10000文字あります。
 私は自らの頬を張り、マジキチスマイルを浮かべながら中編へのリンクをクリックしました。



 最初から最後まで終始笑いっぱなしの中編作品です。
 えげつない程の下ネタ、ちょくちょくブッ込まれる小ネタ、読者を笑かすことのみを目的とした洗練された文章。
 異…続きを読む

★★★ Excellent!!!

性癖としてマイナーな獣姦、その中で更にマイナーなガチケモ
そして、マイナーもドマイナーな機械姦

その二つが合体事故を起こした特殊性癖ドラゴンカーセックスをコミカルに描く意欲作、ドラゴン姦×機械姦が好きな人にも、そうではない人にも「おすすめできない」最高の作品、清々しい読了感だけは保証します!

★★ Very Good!!

読み終わったとき、私はこれを100%言い表す言葉を持っていなかった。
こんなにも胸を締め付けられる下ネタがあっただろうか。
こんなにも笑い転げるラブストーリーがあっただろうか。
下ネタとかBLとか異世界転生とか、そんな小さな器には収まらない。
ジャンルの枠を破壊し、超越した快作。
一読の価値あり。

★★ Very Good!!

ドラゴン、自動車、七日間。
何も起きないはずが無く…

そのコピーを見るたびに「何も起きるはずないだろ!」と叫んでいた私が愚かでした。
起きました。

「トラック事故で死んで異世界に転生する」の発想から「じゃあトラックとして転生するのおもしろくね?」に至るのはわりとよく見るのですが、そこからさらに発展して「トラックとして転生したらドラゴンとセックスできるんじゃね?」と考え出したのはもう早く渡米したほうがいいんじゃないかなと思いながら読みました。

あと、女神の名前が「メ・ガミダ・ゼ」という、『仮面ライダークウガ』のグロンギ族で中くらいに強い怪人みたいになっててゲリザギバスゲゲルがはかどると思いました。

聖なる泉枯れ果てし時 凄まじきドラゴン
雷の如く出で トラックは尻を掘られん