マッチョ売りの少女

作者 空牙セロリ

375

164人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

出オチ感は否めない。マッチ売りの少女ではなく『マッチョ』売りの少女。この物語は老若男女に周知されているだろうマッチ売りの少女のパロディーだ。

少女が『マッチョ』を売る。そんな事はタイトルからわかっている。
しかし、それを理解していても笑ってしまう。そんな新喜劇のような作品です。

★★★ Excellent!!!

小学生が誰しも思いつき、その稚拙ゆえ完成を見ることなく一言で終わるジョークであった発想。それが完成してしまった…。
一度は夢想し、その一瞬でも浮かぶ情景の破壊力だけで満足していたあの頃。よもや完成させる猛者が現れるとは…。
ただただ脱帽。
他の童話なども少しいじくってこんな楽しいものをどんどん作っていってほしいですね。

★★★ Excellent!!!

私がこの紳士なら、こんなに毅然とマッチョと向かい合えないだろう。
ガタガタ震えて命乞いをすることうけ合いである。
紳士の勇気に敬意を。そしてマッチョに祝福を。
今日はあなたの街でマッチョ売りの少女が、マッチョを売り歩いているかもしれない。
さあ、マッチョ買えよ!