地図の上の旅人

作者 楠 秋生

114

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

ラノベらしい恋愛小説。
現実世界でトントン拍子に恋愛感情が深まる事は殆ど皆無。一方的に一目惚れする事はあっても、相思相愛にはならない(と断言して構わないと思う)。
それを嘘臭くならないように昇華するにはフィクションが不可欠だが、本作品は巧みだ。
最初、パラレルワールドのキーワードにSFだと思い込んで読み始めた。歳を取ると、思い込みが激しくなる。自分でも嫌になるが…。
ところが、科学的に深まらない。その内にサスペンスチックになるが、テンポが違う。まぁ、緩いんですな。「何か変だなぁ」とチェックしたら、恋愛に分類されてた。「恋愛小説ならシックリ来るわ」と納得しました。
逆説的だが、ジャンル毎に相応しいテンポが有るのね、と気付かせてくれる良い教材だと思います。
でも、私はSFと勘違いして読み始めたので、星2つです。非常に我儘な態度ですが、老人とはそう言う存在です。

★★★ Excellent!!!

18歳の誕生日、パラレルワールドへ迷い込んでしまった原田真由美は“自分自身”と対面してしまう。
しかもまわりには向こう側の自分の友だちがいて、それはもちろん見知らぬ人たちで……
という状況から始まるこの物語、主人公の真由美さんが見も知らぬ世界で見も知らぬ人と心を通わせていく王道のストーリーラインなんですが。

それをなんでもない風に、それでいて滋味深く味つけしてくれる個性的なキャラクターたち。そして各エピソードを支えるドラマの数々。
真由美さんのやわらかな一人称と相まって、気がつけば一気に読み進めさせられちゃうわけです。
そして読み終わった直後、ふとタイトルを顧みて気づかされる「このタイトルはそういうことか」のカタルシスですよ!

王道でここまで綺麗に「著者ならではの筆と味」を醸し出されたらもう、読む側としては転がるしかありません。
穏やかながら山あり谷ありオチもあり。恋愛ものが苦手な人にもお勧めできる一作です。

(必読!カクヨムで見つけたおすすめ5作品/文=髙橋 剛)

★★★ Excellent!!!

ある日、自分以外は全く知らない人の世界に行った女の子の話です。

当然戸惑いや苦悩があるのですが、それらを出会う人たちと共に乗り越えようとする姿が、喜怒哀楽の起伏があって読ませられます。

物語中に起こるアクシデントも一つのキーになっていて、最後まで楽しめます。

タイトルの意味が明かされた時、胸にずしんとくるものがありました。この物語は、まさにその意味を伝えるために書かれた良作だと思います。

素晴らしい作品と、胸が熱くなる時間を提供していただき、ありがとうございました。是非みなさまも、一読されることをオススメします!!

★★★ Excellent!!!

じっくり読みまして。タイトルの意味が読了と同時にわかりました。
メインストリームがタイムトリップなのか、ラブコネクションなのかを探りながら、キャラの琴線に触れていき

さまざまな成長を経て現実とリンクする。不思議な存在は存在でちゃんと用意されていて、でも主人公の最後の哀しみがやってくる。

しかしその後は.....

自分の人生もまた素晴らしい物語。出会いと別れの地図の上、誰もの人生を讃えた物語に★をしっかり贈ります。

また時折のラブコメテイストな文字遊びも大変楽しく読めました。

こういうふんわりしたラブストーリーも味わい深くて良いですよ。
どうでしょうか?

★★★ Excellent!!!

主人公の真由美が自分の誕生日に並行世界に飛ばされる

こんな設定から始まる物語ですが、並行世界の自分と、
飛んできた真由美(マミ)の環境が全然違う設定が面白いところです。

普通は同じような環境の人がいて、人だけが入れ替わる話が多いのですが、このお話は環境がほぼ丸ごと違うので、恋する相手も全く知らない人に恋をしてしまいます。

途中まではラブラブなお話しだと思って読んでいたのですが、
ある事件とその犯人!の登場でガラッと様相が変わります。

ここから物語は動きに動き、そして最後は……、やっぱりラブラブでした!

恋するって素敵だなと感じさせてくれる作品でした。
ありがとうございましたm(_ _)m

★★★ Excellent!!!

良いなと思うところはたくさんありますが、特に終盤の絶望的な出来事に関連して、とても感銘を受けました。

変えられない運命もある。
けれど、ほんの少し歯車を組み替えるだけで、その絶望的な出来事自体は変わらなくても、確かに変わるものがある。
整理できなかった気持ちを整理して、しなくてはいけなかったことをできるようにする。
辛い出来事をそうやって乗り越えていこうとする強さが、作品から感じられて、とてもいいなと思いました。

また、しっかりとプロットに合わせて組み立てられた設定も見事でした。
終盤の展開に違和感を生じさせないように、うまく組み立てられていて、さらに、それを会話の中できちんと披露されていました。

長くとも文章が読みやすくてストレスにならないので、十万字越という分量も感じさせません。
言葉に関しても、私では自然に使うことが出来ないだろうなと思うものが、とてもさり気なく織り込まれていて、語彙の豊富さを感じました。

★★★ Excellent!!!

読み終えて胸の中に浮かぶ思いは心地いいものです。

物語の冒頭からどうなっていくのだろう?というワクワクに包まれて、途中『えぇ⁉︎』っと意外なドキドキを受け取りながら、読み進めていく中で待ち受ける悲しい出来事。

それを包み込むのは悲しくも優しい繋がりで、結末とおまけを読み終えてからの心地良さにしばし浸っていました。

是非ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

出会いと別れ。
それがきちんと描かれている素敵な作品だと思いました。

出会いや別れは得てして思いがけない形で生まれるもの。
こちらの作品は、その思いがけなさが群を抜いているものかと思います。

しかしその出会いと別れを、どういうものにするのかはその人次第。
素敵なものにするのか、悲しいものにするのか。それによってお互いが、恋人や家族などの関係を育んでいくきっかけになっていく。

マミの恋愛がどうなっていくのか、とても見ごたえがある作品です。

★★★ Excellent!!!

好きになってもいつか別れがくるなら深入りしないほうがいい……
その裏腹に気持ちは止められなくなる。
そしてその気持ちが盛り上がってきた頃、物語は核心へ――

あるきっかけでパラレルワールドに来てしまったヒロイン真由美。
自分の知る街なのに異質で不安。誰も自分のことを知らない。
その中に包み込まれるようにじんわり優しく広がる気持ちと徐々に近づいてくる不穏な影が読者を惹き込みます。

登場人物の優しさが染みるからこそハラハラするラブサスペンス・ミステリー。
最後まで読んで良かった!と必ずあなたは思うはず。

★★★ Excellent!!!

この物語は、レビューのタイトルの通り、宝箱のようにたくさんの魅力的な要素がつまっていて、最初から最後までドキドキさせられっぱなしでした。
冒頭から「え!? ヒロインの身に何が起きてるの!?」と驚かせるようなSF要素、不思議な縁で出会った人たちとの友情、ヒロインをめぐるドキドキの恋愛要素、そして、次々と事件が起きるサスペンス的要素……。
読者は正人や幸也との恋の行方に胸がキュンキュン、マミがピンチになるたびに心臓ばくばく、終盤は全ての真実が明らかになってビックリ! 本当にもう、読者のハートを惹きつけて離さないストーリー展開の巧みさには脱帽です。

そして、『地図の上の旅人』というタイトルと、物語の最後でのタイトル回収が素晴らしい。
このタイトルの意味は、みなさんが最後まで読んでぜひ確かめてください。

とても優しい気持ちになれる小説をありがとうございました!!

★★★ Excellent!!!

実は、個人的にネタバレなしだと、具体的な内容を指摘しながらレビューするのが多少難しいタイプの作品だと感じました(汗)。なので、以下は文面がやや概説的になってしまっている点を、最初にお詫びさせて頂きます。

とりあえず大まかなジャンルは、SF恋愛サスペンスといった風味の作品ですね。
主要な登場キャラクターは、どの人物もしっかり書き分けられていて、文体も読みやすかったです。

まず物語は、導入部から突然のパラレルワールド転移で幕を開けます。
そこから少し読み進めると、主要なキャラクターが順に登場し、やや物語が落ち着いてきて、周囲の状況が明確になってきます。
ただし、すると今度はサスペンス的な謎と事件が次々に発生し、読んでいて一気に引き込まれました。
特に後半から終盤にかけては、トキメキあり涙あり……といった趣きで、綺麗にエピローグへ収束していきます。

まあ、しかし最初に記述した通り、これ以上の詳しい紹介はネタバレ気味になりそうなので、とにかく実際に読んで頂いた方がよろしいかと。
思わずハラハラしてしまうようなSFラブストーリーがお好きな方にオススメです!

★★★ Excellent!!!

この物語のエンディング、ハッピーなのかどうか微妙だと思われた方がいるのではないでしょうか?

というわけで、考えてみました。

まず「幸せ」の形は一つじゃありません。ある人の幸せを別の人は幸せだと感じないことは往々にしてあります。また、同じ幸せでも、ある人は大きな幸せだと思っても別の人は小さな幸せだと思うかもしれません。幸せを計る尺度として絶対的なものは存在しません。

ただ、小さな幸せも育まれて大きくなることがあります。それは関わる人による影響が大きいです。そう考えれば、いっしょにいることで幸せを感じられる人がいれば、その幸せは育まれていつか大きな幸せに形を変えるのではないでしょうか。二人の愛が大きくなったり、愛する人が増えたりして――世界で一番いっしょにいて欲しい人が近くにいる。それって最高の幸せです。

このエンディング、紛れもなくハッピーエンドです。
ステキな物語をありがとうございました。


★★★ Excellent!!!

ポジティブな女子高生、真由美が巻き込まれた不思議な物語。
冒頭から引き込まれます。なぜ? どうして? ヒロイン真由美にシンクロするように読み手もすぐに疑問符をいだきます。そこからこの物語が動き始めます。驚きの連続にドキドキのシーンが絶妙に絡んでくるわけですが、このあたり、実に巧みに描かれております。
しかも中盤以降、サスペンスな展開が待ち受けており、飽きさせません。そして、まさかまさかのラスト! この結末はご覧いただき、ご自身の目でお確かめください。締め付けられた胸が痛みながらも、最後はスッキリいたします。
タイトルの意味がわかれば、この物語のテーマに納得です。意味深なタイトル、実に上手いなとスタンディングオベーションです!

★★★ Excellent!!!

第31話驚きの真実までのレビューです(かなりエンディングに近い位置だと思いますが…)。
突然パラレルワールドに迷い込んだ主人公、そこにはもう一人の自分、そして微妙に違っているかつての知り合いたちが暮らしています。そこから始まる新しい恋の物語…。
しかしもちろん話はそんなに単純ではありません。このパラレルワールドが存在する理由、もう一人の自分の存在、さらに時折現れる謎の黒猫、さらにはなぜか命を狙わているらしくて…と暖かく賑やかに流れていく本編の裏で、物語の鍵となるもう一つの謎が密かに流れていています。この構成が実に巧みで物語を興味深くしかし強力にグングンと進めていきます。
とはいえもちろん恋に揺れる甘い物語が主軸にあり、コンテストにふさわしいストーリーとなっております。
さていよいよエンディング間近。ぜひ読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

パラレルワールドにある日突然迷い込んでしまった真由美。元の世界とは全く異なる人間関係に戸惑いながらも、自分を受け入れてくれる優しい仲間達に心を開いていく。そんな中で気づいた自分の恋心。そして、パラレルワールドで起こった怪事件と真由美への謎の襲撃が不穏な影を落としていく──

一つの物語の中にラブ、SF、ミステリーの要素が見事に絡み合った秀作です。
複雑なストーリーなのに重苦しく感じさせないのは、読みやすさにこだわった言葉遣いと語り手である真由美の軽口、そして登場人物たちの優しさに溢れたキャラクターの賜物でしょう。
そこまで揃った物語が面白くないわけがない!
気づいたらきっとあなたもこの物語に深く入り込んだ旅人として、真由美と共に不思議な旅を続けることになるでしょう。

クライマックスで連載を追いかけるドキドキワクワク感、あなたもぜひ体感してみませんか?(^^)

★★ Very Good!!

 微妙にSFっぽい恋愛小説。
 テンポが軽快な為、飽きずに読むことが出来ます。
 スピンオフ作品ということですが、元の作品を読んでいない人でも楽しめる作品だと思われます。読んでいれば、もっと楽しめるのかもしれません。

 読後感が非常に良かったです!一つの作品としてまとまっている為、万人にオススメ出来ます。