デブオタと追慕という名の歌姫

作者 ニセ梶原康弘

光は差してる。出て行くだけだ。

  • ★★★ Excellent!!!

(元)いじめられっ子と、(元)いじめっ子。

自分に可能性があることを知らない子と、自分の可能性を理解していない子

いわゆる王道音楽シーンと、いわゆるアングラ音楽シーン。

そのどちらにも光をあてる全20話からなる怒涛のライブアクト。

特に終盤で目にする日英二つのライブは圧巻。
音楽 "シーン"というのは、その意味の通り、その場にいる全員が描かれた「場面」なんだと言うことを突きつけてくれます。

王道だからこそ胸をうつ最後の場面を読みながら、少し思ったのは「次はお前の番ね」って言われたのかもなぁ、って事でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

帆多 丁さんの他のおすすめレビュー 789