リレイヤーズ・エイジ

作者 ながやん

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第13話『これだけ読めばOK!総集編!』へのコメント

    互助会に参加いただきありがとうございます。コメントとても心強いです。

    こちらの総集編なのですが、参考にさせて頂きます(直球)

    女性キャラがあらすじを話すのってどこでもありますよね。作中を流れる悲哀を優しく上塗りできて素敵だと思います。

    作者からの返信

    こちらこそ、ありがとうございます!カクヨムは不思議とロボット小説層が厚く、自分も同じ趣味の作家さんが増えるのは、とてもうれしいです。拙作が何か創作の参考になれば、それはとても嬉しいですね!りんなちゃんは出落ちならぬ「出ミンチ」なんですが、総集編では常に謎のハイテンションで元気です(笑)

    2018年2月1日 11:33

  • 第18話「戦争の犬とフェンリル」へのコメント

    バトリングだ!ロボトルだ!

    作者からの返信

    ターンピックが冴えてるぜ!バトリングっていいですよね…ってか、お前らパラレイドが目の前に迫ってるのになにやってるの、という(笑)でも、この時代は(上手く表現できてないかもですが)パラレイドとの戦争で人類滅亡の危機すぎて、なにもかもが戦争第一主義になっちゃってるんです。娯楽とかなくて、パンツァー・ゲイムと呼ばれるパンツァー・モータロイド同士のバトリングが国民の唯一の楽しみ(しかも大半がプロパガンダ)という…すげえ荒んだ時代なんですよね。

    2017年9月13日 07:10

  • 第16話「朝霧の銃口」へのコメント

    未来の武器……かー?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!すっ、鋭い!そうなんです、後に【グラスヒール】、シンデレラのガラスの靴という名前なるデケェ剣、鍔のとこがハンドガンになってるんですが…この時代の技術では作れない、小型化されたビーム兵器なんですね。因みにこの時代、ビーム兵器は砲身200mくらいのデカい粒子加速器のものしかないです(笑)これを持って現れた、りんなと全く同じ顔の少女…その謎解きは第二章、第三章で!お楽しみにです!

    2017年9月13日 07:08

  • 第3話「枯れた花の名は氷蓮」へのコメント

    おぉ、偶然。こっちにも「御巫」がある(/・ω・)/

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!そうです、なんか格好いい名字が好きでつい…しかも、うちには刹那ちゃんもいるんですよ(笑)部活のあららうふふ系副部長のお姉さんが御巫先輩、そして十歳児にしか見えないロリババアの顧問の先生が刹那ちゃん。…つまり、蒼眼の魔道士(ワーロック)はリレイヤーズ・エイジと互いに補完し合う平行世界の物語という可能性が微レ存!?

    2017年7月12日 22:50

  • 第20話「男たちの戦い」へのコメント

    もしかすると、サイクロプスを披露するためのパンツァー・ゲイムだったのかなぁ。それが面子を潰され、邪魔まで入って散々だなぁ。
    サイクロプス君の活躍できる場面を期待します。

    作者からの返信

    サイクロプス君、現在連載中の第三章『リレイヤーズ・エイジDrei』でつい先日再登場しました。これから一番やばいパラレイドとガチバトルです…自分もマッチョアメリカンな重装甲パンツァー・モータロイドは気に入ってて、いつかサイクロプスを再登場させたいと思ってました。人類同盟という枠組みに入っても、日本とアメリカの関係は相変わらずなのかもしれないなあ…仰る通り、「自国にしか配備しない秘蔵のPMR出すけんね、って思ってたらメンツ潰してくれたなコンニャロー!」みたいなとこ、あったと思います。

    2017年7月8日 07:00

  • 第18話「戦争の犬とフェンリル」へのコメント

    めちゃくちゃなプロパガンダですね。
    この世界のヤバさを感じる。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!うわー、読んでいただけて嬉しい…感謝です。そうなんですよ、謎の敵パラレイドとの永久戦争で「あらゆるリソースを戦争に突っ込んだ挙句、微妙に文明が衰退して狂ってる社会」を描きたかったんですね。学校の授業もそうだし、暮らしは昭和中期くらいまで後退してます。そして、ロボ同士のガチンコバトル『パンツァー・ゲイム』が一番の娯楽という…こういう世界は娯楽作品の中だけにしときたいですね(笑)

    2017年7月8日 06:58

  • 第1話「プロローグ」へのコメント

    最初からクライマックス形式大好きです!

    ここを原点にして復讐がはじまるのかな?この時点ではパラレイドが人かどうかはわからないけど

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!謎の敵パラレイドとの永久戦争、どうぞお楽しみに!開幕スクラップな主役ロボ&いきなりヒロイン死亡の主人公ですが、壮絶な戦いが待ってます…人類の存亡をかけて泥沼の全面戦争してます。よければ是非、続きも読んでやってくださいね♪

    2017年6月29日 00:26

  • 第17話「決戦前に広がる、波乱」へのコメント

    当たらなければどうということはない――名言であり至言ですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!どうしてもガンダム世代なので、「当たらなければどうということはない」が至高の名言として頭に刷り込まれていますね。まあ、実際はビームは避けられないことが多いんですが、そのための対ビーム用クロークなのかもしれません。人類はパラレイドに対して、パンツァー・モータロイドという量産型ロボ(ジムとかザクとか?)で戦わざるを得ないのですが、主人公の統矢たちは結構尖ったカスタム機に乗ってますよね。彼らなら、どうということもなく避けることも!?できる、と、いいなあ(笑)

    2017年6月28日 10:19

  • 第10話「光が運ぶ謎と死と」へのコメント

    ゼラキエル登場の絶望感よ。

    作者からの返信

    ゼラキエルをはじめ、セラフ級のパラレイドには圧倒的な絶望感を心がけてますね。それが伝わってくれたのは、とてもうれしいです。アイオーン級やアカモート級みたいな雑魚と違って、必ず単体で出てくる一騎当千の最強パラレイド…その力は地形さえ変え、島を消し飛ばしたりしちゃいます。さてさて、統矢たちは勝てるのか…今後も良ければ是非、読んでやってくださいね。

    2017年6月8日 05:41

  • 第9話「襲来、天よりきたる害意」へのコメント

    アイオーン級……雑魚兵なのにけっこう強そうな兵器を積んでるんですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!拙作の世界では、パラレイドは雑魚のアイオーン級でもビーム兵器を持ってますね。命中率の高いビーム兵器で、飛行機をバンバン落としちゃうので…空軍が廃れてます。結果、数で推してくるパラレイドには「ビームが撃てないくらいの乱戦で近接戦闘するのが一番いい」という感じですかね。拙作、楽しんでいただけてれば嬉しいです♪

    2017年6月8日 05:38

  • 最終話「エピローグ」へのコメント

    見事な終わり方ですね。しかし戦いは続き、そしてそこには絶望が待つと……。まさに物語の開始といったお話でした。続きも読ませて頂きます!!

    作者からの返信

    ありがとうございます!最後まで読んでいただけて、本当にうれしいです。お疲れ様でした!このあと、Zwei、Dreiと続きますが、またお時間がある時にでも気が向いたら読んで頂けると嬉しいです。再びぶっ壊れてしまった氷蓮の復活と、新たなる強敵…そして、徐々に輪郭を露わにする、パラレイドの謎と正体。現在も絶賛連載中ですので、今後も是非よろしくお願いします♪

    2017年4月23日 18:38

  • 第25話「面影に、さよならを」へのコメント

    こうして少年は前に進む。統矢、頑張れ!!

    作者からの返信

    一つの決着と、統矢の中での一区切りですね。本当にもう、幼馴染が死んで初めて、統矢は初恋に気付いたのかもしれません。初恋というにはあたりまえ過ぎて、いつも一緒なのが普通だった女の子。そんな更紗りんなが死んだ時、復習しか思いつかなかったのが統矢という少年です。でも、戦う中で新しい仲間ができて、ようやく前を向くことができた、だからこれからの戦いは少し変わってくると思います。幼馴染のりんなが思い出へと去る中で、統矢が少し成長できてるように見えてたら、そう読めてもらえたら嬉しいですね♪

    2017年4月23日 18:36

  • 第24話「未来へ、抗え!」へのコメント

    倒した!やった!!!!

    作者からの返信

    勝った!第一部・完!実は、統矢が使ってる大剣は借り物というか…まあ、ずっと自分のものにしちゃってるんですが。これは更紗れんふぁが謎のPMRで次元転移してきたとき、その機体が装備してた両手剣です。デカい単分子結晶の剣なんですが、実は統矢たち西暦2098年の科学技術では、この大きさの単分子結晶は作れません。ラスカの改型四号機が持ってる大型ナイフが、作れる限界の大きさですね。それ以上の大きさとなると、現状の技術では精製不可能…つまり、オーパーツでして、なんでそれをれんふぁが持ってきたかも、今後明らかになります。

    2017年4月23日 18:34

  • 第23話「居並ぶ死へと、飛び込んで」へのコメント

    気化弾頭が全く効かないんじゃ、実質核爆弾打ち込むくらいしか一般兵器は意味無さそうですね。そしてここで戦闘のプロ!!後ろは頼んだぜ!!!

    作者からの返信

    基本的に気化爆弾系でも駄目で、恐らく核弾頭をブチこんでも倒せないタイプの的かなあ、なんて。セラフ級のパラレイドだけは、雑魚敵のアイオーン級やアカモート級と違って、もうなんか露骨にラスボスオーラ出てますから。近距離での有視界戦闘で、直接的な致命打を与えない限り倒せないと思います。遠くからばかすか撃っても死なない敵、まったく意に介さない敵というのが、自分の中では一番怖いななと思ったので。

    2017年4月23日 18:30

  • 第22話「燃え上がる空の下で」へのコメント

    異能生存体っていう意味じゃ、北海道から生き残ったことで近似値ではあることは間違いないですね。ここから本物かどうかの戦場に放り込まれていくと……!!!

    作者からの返信

    DUSTER能力については、第二章のZweiで御堂刹那特務三佐が教えてくれるので、よければ是非♪そうです、すんごい異能生存体パワーです。スパロボで言えば、ピンチの時にパラメーターや最終回避率がドカーンとあがっちゃう感じです(笑)地獄の北海道での戦いを生き残った統矢が、幼馴染の更紗りんなの死と引き換えに得た力…それが、今後の統矢をさらなる過酷な戦いに放り込んでいきまっす!

    2017年4月23日 18:28

  • 第21話「真の決戦へ、今」へのコメント

    なんだと!? 戦闘のプロ、お前は知ってるって言うのか!!!?

    作者からの返信

    知っているのか雷電!むぅ、あれはDUSTER能力!ええ、言うなればガンダムでいうニュータイプ能力、ボトムズでいう異能生存体、SEEDとかイノベイターとか、そういうのでしょうか。やはり、主人公には特別な能力が…ただし、このDUSTER能力というのは、「集中力が極限に高まるなかで、ピンチの時に反射神経と判断力がすげえパワーアップする!」という感じです。いうなれば、火事場のクソ力ですね。

    2017年4月23日 18:27

  • 第20話「男たちの戦い」へのコメント

    そうだ!なんか戦闘のプロは次の戦いで死にそうだけど、お前達の本当の敵は別に居るんだ!!!頑張れ!!!

    作者からの返信

    そう、真の敵はパラレイド…そして、その中でも唯一人型で現れる、最強の単一戦力、セラフ級です。ぶっちゃけて言うと、セラフ級は一機で日本列島とかオーストラリアとか、簡単に消し飛ばして海に沈めるくらいの力があります。なんていうかもう、歩く戦略殲滅兵器ですね。まさに、敵側が無敵の最強スーパーロボット、味方側は量産型のリアルロボットという構図になってます。グレイ・ホースト大尉は今後もちゃっかり出てきますので、お楽しみに!

    2017年4月23日 18:19

  • 第19話「激戦の新町商店街」へのコメント

    俺は戦いのプロだぜ……!

    作者からの返信

    いいですよね、プロの軍人ならではの落ち着きと冷静さ。そして、戦争の犬たちの一糸乱れぬ連携。実は、グレイ・ホースト大尉は自分の中でもお気に入りキャラで、今の連載中のDreiで格好良く再登場予定です。なんか、シュワルツェネッガーさんが演じて玄田哲章さんが声を当ててそうなコワモテ軍人さんですが、根はいい人なんですけどね。あらくればかりの海兵隊を実力でまとめる、戦闘のプロです。こういう人には、いかつくてゴツいロボが似合いますね~

    2017年4月23日 18:08

  • 第18話「戦争の犬とフェンリル」へのコメント

    狂った世界の狂ったゲームって奴ですね。しかしダスターってのは一体……。

    作者からの返信

    ほんともう、あの世界はパラレイドとの最終戦争状態なので、アレコレ狂ってます。なにをどう考えたら「いいからPMRでバトルして解決しようぜ!」ってなるんでしょう…しかも、周囲の市民や一般人、軍人もかなり疲れてるので「いいぞやれやれ!楽しませろ!」って盛り上がっちゃう…怖い世界ですね。そして、DUSTER能力の謎が徐々に明らかになります。この力は実は、リレイジの物語を構成する重要な要素なので、注目してくれて本当に嬉しいっす~

    2017年4月23日 18:04

  • 第17話「決戦前に広がる、波乱」へのコメント

    なんだ!? 統矢のモテ度の高まりを感じるwwww

    作者からの返信

    いつもありがとうございます!もうね、読んで頂けるだけで嬉しいです…しかもコメントまで頂いちゃって。感謝!統矢はもう、典型的なラノベ主人公でもあるので、モテてますが…今後は第三章であるDreiでとーっても辛い現実が待ってますので!ハーレムうはうはですが、また「パラレイド絶対殺すマン」って感じの憎悪メラメラ怨恨ニラニラの、錆びたナイフみたいな少年に戻ります(笑)お楽しみに!

    2017年4月23日 18:02

  • 第16話「朝霧の銃口」へのコメント

    剣型のマルチプラットフォーム……!これなら!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!こちらの武器は、巨大な単分子結晶の大剣と、鍔の部分のビームハンドガン✕2で構成されています。れんふぁが乗ってきた謎の機体が『シンデレラ』と後に呼ばれ、この剣もガラスの靴の意味で『グラスヒール』と呼称されます。ちょっとガンプラをいじって、それっぽい機体と武器も作ってみてます。よければ是非、見てやってくださいね♪
    http://d.hatena.ne.jp/nagamono/20161118

    2017年4月14日 12:38

  • 第15話「戦争の闇、邂逅の悲劇」へのコメント

    れ、れんふぁだと!?りんなじゃないのか!? どうなってやがる!!!?

    作者からの返信

    その上、れんふぁは記憶喪失!どういう訳か、自分のことをあまり覚えていません。しかし、遺伝子データなどを調べてみると…恐るべき事実が、次章のZweiで明らかになります。そう、実はれんふぁは、りんなと…おっと!危ない危ない、ネタバレしてしまうとこでした(笑)

    2017年4月14日 12:34

  • 第14話「身も心も包む、夜」へのコメント

    彼女は本当にりんなそのものなんでしょうか。なんとも不穏かつ、先が見えない……。

    作者からの返信

    ここは青森校区の学生寮ですね。誰でもびっくりしますよね…謎の機体から突然、死んだはずの幼馴染が出てきたら。もう、全く見た目は同じな女の子が出てきたら。かなりパニックですが、ここから物語の謎はさらに深く、ややこしく…(笑)また、彼女が乗ってきた謎の機体についても、実はその後に凄いキーアイテムとなるんです。楽しみにしててください♪

    2017年4月14日 12:33

  • 第13話『これだけ読めばOK!総集編!』へのコメント

    ちくしょおおおおおお!!総集編かよおおおおおおおお!!!(血涙)

    作者からの返信

    カクヨムの作品でもかなり初期から、自分は結構作品に総集編を入れる試みをしてたみたい。なんか、ロボットアニメには必ず総集編が入る気がしている、そんな自分は昭和生まれなんです(笑)量が多くなっても、途中からの読者にもスポンとはまってほしいなと思って。

    2017年4月14日 12:31

  • 第12話「それは出逢いか、再会か」へのコメント

    げげえええええええ!?!?!?な、なんだってええええええ!?!?!?

    作者からの返信

    そうなんです、出てきたのは『りんな』ではなく『れんふぁ』なのでした…最近、ガンガン読んでいただけて凄く嬉しいです!無理せずマイペースに、ダラダラ読んでくださいね♪この二人、顔はおろか身長に体重、スリーサイズから担当声優まで一緒です(笑)その訳が、続編オンZweiとDreiで明らかになりますので、お楽しみに!

    2017年4月14日 12:30

  • 第11話「鋼鉄の破壊神」へのコメント

    これマジ〇ガーはマジ〇ガーでもZEROのほうや……強すぎる……。勝ち筋が全然見えない……。そしてよくぞそんな奴を相手に生き残った!!!

    作者からの返信

    ありがとうございます!パラレイドの中でも一番危険な最強個体をセラフ級って言うんですが…セラフ級はみんな「どこかでみたことのあるロボ」って設定になってます。そう、マ◯ンガーZです、鋼鉄の城です(笑)勿論、後々あのロボやこのロボも登場します、スパ◇ボ「」方ではガン◯スターも出ましたし。個人的に「ロボノベルの俺的最強作品を作るなら、偉大な先達たちのロボを超えねばならない!」と勝手に気負ったので、こういうスタイルです~

    2017年4月13日 20:51

  • 第10話「光が運ぶ謎と死と」へのコメント

    マジかよ……前回ズタズタにやられて、そこから機体もパワーアップしてないのに勝てるきがしねぇ……。殺られる!負けイベントだああああああ!!!

    作者からの返信

    ここまでお読み頂き、本当にありがとうございます!パラレイドでも特別危険で量産型じゃないやつ、唯一人型で現れるボスキャラがセラフ級です。全部、どこかで見たことがあるよーなスーパーロボットが登場します(笑)普段なにげなくアニメで見てた必殺技も、パンツァー・モータロイドという汎用量産機の視点で見ると、絶望的ですね。そういう中で、知恵と勇気と気合と根性でギリギリ勝利する、そういうものにちょっと憧れて書いてます。楽しんでいただけたら嬉しいでっす!

    2017年4月9日 22:29

  • 第9話「襲来、天よりきたる害意」へのコメント

    統矢……パラレイド相手だとこんなに変わるのか……。なんたる……。

    作者からの返信

    この時期の統矢は完全に「パラレイド絶対殺すマン」ですね。幼馴染の死と、その彼女から引き継いだ形見の機体で戦う少年…創作仲間の友人からは「スパロボOGで、ゼオラに死なれたから闇落ちしたアラド」という、ものすごい的確な表現を頂いたことがあります(あ、ご存知なかったらスミマセン!汗)とにかく、まだ幼馴染のりんなの死を心の中で整理できてない状態なんですね。

    2017年4月9日 22:26

  • 第4話「暴嵐の拳姫は風に舞う」へのコメント

    柿崎ィィィィィィ!!!!

    作者からの返信

    ステーキを一口食って、それで満足できたのかできなかったのか…(笑)もう、完全に例の柿崎をイメージしてキャラ作ってました。ちょっとシリアスな展開が続く中で、少し清涼剤というか、気を抜く存在が欲しいなと。

    2017年4月9日 22:24

  • 第2話「軍靴の足音は乾きを知らない」へのコメント

    軍歌とかマーチっていうとまずガンパレを思い出しますが、この世界はもっと無味無臭で乾燥しているかのように感じますね……!! 

    作者からの返信

    そうですねー、近い世界観にガンパレやマブラブがあるかもしれません。もう、人類存亡を賭けた戦争なので、しかも勝ち目がなさそうなのが薄々感じれてる情勢なので…かなり危険な状態の日常になってると思います。そういう「戦争の非日常」の極端さが伝わったらうれしいですね。高校生も兵隊になるし、その扱いも正規の軍人から見ると…という、過酷な話もちょっと続きます~

    2017年4月9日 22:23

  • 第1話「プロローグ」へのコメント

    なんかいきなりクライマックスだ……。そして途轍もなく過酷な現実……。一体なにがあったんだろう?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!のっけから人類滅びかけてますが、最初にはインパクトのあるシーンがどうしてもほしかったので…サクッと北海道が消し飛んでますが、道産子のみんなスマン!(汗)

    2017年4月9日 22:21

  • 第24話「未来へ、抗え!」へのコメント

    文字通りのジャイアントキリング!

    作者からの返信

    ありがとうございます!モチーフとなったマジ◯ガーZは18m、決して大きいスーパーロボットではないんですけどね。でも、7m前後のパンツァー・モータロイドで戦うと、とても強大な脅威です。そういう雰囲気が伝わってたなら、それはとても嬉しいですね♪今の連載中のリレイジZweiでも、セラフ級はもりもり暴れてるので…もしよければ是非、よんでみてくださいね~

    2016年12月1日 18:36