銀河のウィケッドブラザーズ+1

作者 佐々木さざめき

希少なSF作品

  • ★★★ Excellent!!!

ネット界隈でSF小説といえば、実質ファンタジーのVRMMOものや、他ジャンルで人気のない作者が付け焼き刃のSF要素を入れたジャンル詐欺、ショートショートなら兎も角長編には向かないキワモノに、BLAMEもどきみたいな盗作スレスレのもの。

そんな中で珍しくまともなSF小説です。
進んだ技術と宇宙と、そこで生きる人の話。

話の起承転結もしっかりしていて、文庫本で売っていても問題のない構成力があります。
ネット小説に限らず、だらだらとした文章で中々何も起こらない小説も多いけど、この作品にそんな心配はいらない。

最後の方の黙して語る男のハードボイルドのような終わり方は描写不足を感じますが、まぁこれは好みの問題かな。
番外編が連載中なので、そこで少し語って欲しいなぁ、と期待します。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@RentarouYukimuraさんの他のおすすめレビュー 7