用無し勇者の執務室

作者 靖ゆき

フォロー 1話目から読む

人に必要とされたい方に届け! 靖ゆき

平凡な大学生活を送っていた俺は、ある日突然、異世界に召喚された。
そこは剣と魔法と龍が闊歩する世界だった。
世界を滅ぼさんとする『黒き鍵の龍』率いる闇の集団に勇者として立ち向かった俺は、謎の力であっさりと打ち滅ぼしてしまった。
召喚魔法の効力により1年間は元の世界に帰れなくなった俺は、闇を滅ぼす謎の力についてきた「女性を虜にする力」を疎んじられ、用無し勇者として城の一角に幽閉されることになってしまった。

これは世界を救った勇者の、鬱々としつつも楽しい後日談である。

俺…平凡な大学生。勇者として、闇を滅ぼす力と女性を虜にする力を持つ。
ベルギット…近衛兵にして執務室付きの女官。俺の力が利かない。
アジャール…この国一の女戦士。『赤き門の龍』の娘。
ラピス…この国の姫。禁断の魔法で勇者(俺)を召喚した。

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビュー本文はまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

用無し勇者の執務室

@yasuyuki
執筆状況
連載中
エピソード
2話
種類
オリジナル小説
ジャンル
異世界ファンタジー
タグ
異世界 召喚 勇者 ハーレム
総文字数
13,025文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
2人
応援コメント
0件
小説フォロー数
4

アクセス数