遂に中間選考の結果が発表されましたね。
残念ながら、拙作《季節殺し》も《生魑 -いきすだま-》も選考を通過することができませんでした。たくさんの応援を頂いたのに、大変不甲斐なく、申し訳ないきもちでいっぱいですが、皆様から頂戴した言葉とお星さまの輝きはこれからの執筆活動の道ゆきに暖かなひかりを燈してくださいました。
ほんとうにありがとうございました。

いろんなきもちが、いまは胸を渦巻いていますが、後ろをむいている暇はありません。取り敢えず、電撃大賞をめざして頑張ります。


2件のコメント

  • く~や~し~い~です~っ(>_<)

    何で?! どうして残らなかったのか!!

    自分が落ちたのより悔しいってそうそうないですよ?!

    電撃に向けて私ももう一作書こうと思っていたのですが、プロット道理に進めても、どシリアス方面と、少しほのぼの方面。どちらにも行ける内容になっていて、どっちで進めればいいのか迷うし、題名もしっくりくるの思いつかなかったりとモヤモヤしていますが、それに拍車を掛けてくれたこの結果!

    個人的にでいいので編集の方が夢見里さんを見付けてくれないかなぁ(。-`ω-)

  • 橘 月さん…(ノД`)・゜・。
    ありがとうございます、ほんとうに。
    何度も貴方様の御言葉で報われて、いまも…救われています。

    橘 月さんと一緒に中間選考を通りたかったです……

    でも落ち込んでいても、どうにもならないので、電撃大賞の原稿を頑張って書きあげますね。もう、筆が遅すぎて泣きそうですが、泣かずに頑張ります…!
    橘月さんも頑張ってくださいね…! シリアスか、ほのぼのか…というのは登場人物の動きにもよりますが、もう一作のほうと違った系統の小説をだしてみるのもいいかもしれませんね…!
    お互いに頑張りましょう…!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン