うふふ何から語ろう…
ネタバレというからには、終盤での核心的な情報を知っているものとして語りますね。

霖や青士が何者かとか。
落蕾のとき何があったかとか。

本編に初登場するまで、
霖はどこで何してたんだよ?っていうと、

魂が割れて、気がついたときに、
彼女は遠く離れた岩龍地区にいました。
自分への反発が強いあまり、遠くに実体化したようです。
そして、白緑龍の道場に入門した。
もとから気功の技術があったので飲み込みが早く、
2年ほどで簡単な毒針なら作れるようになりました。
そこでは添花と名乗り、そう呼ばれていたので、
魂が安定し、本編まで持ち堪えました。

もう一人の自分を殺して、唯一の添花になるため、
白緑龍を離れて添花を探しました。
あいつを殺すまでぜったい死なない、
私はあいつに降り注ぐ雨で居続けてやる。
そんな意思が霖という例えを生んだし、
魂が揺らぐきっかけになった。

添花が聞き取った声の中に、
主のわからない「助けて」があります。
それは、霖の寝言みたいなもので、
結局は自分自身の声でした。

自分の激情で割れて、
添花の魂はボロボロになってしまいました。
それほどに兄を亡くしたショックが大きい。

素直に泣ける子なら、
こんな辛くなかったかもしれないなー。

作品ページ→ https://kakuyomu.jp/works/1177354054892494030