皆様の応援のお陰で、カクヨムコン3の中間選考、「ウラガーン史記目録」も「紅の蓮」も通過することが出来ました。

昨年、急に思い立って物書きを始め、鳴り物入りのようにカクヨムで暴れていますが、まさかこのような大層なことになるとは思ってもいませんでした。

今や、書くことなしに日々を過ごせぬようになっています。
ここから、更に面白い!と皆さんに言って頂けるエンターテイメント小説を書けるよう、ひたすら精進して参りますので、どうかこれからもよろしくお願い致します。

コンテストうんぬんに関わらず、皆さんの応援と、皆さんの魂の結晶のような作品無しに、俺はここまで来れませんでした。
ここで出会った全ての素晴らしい作品や作者様に、心から敬意と感謝を表します。