こんにちは。こんばんは。おはようございます。
紅蛇(くれないへび)です。

ちょっと、タイトルにも書かれていることをするね。
みなさん、なぜかエッセイとかばっかり読んでるから……
私、恥ずかしくて、照れ臭いの。



まずは、季節は夏。蝉がみんみん鳴いている。簡単にあらすじをいうと、主人公がアイスを食っているだけっていうね。うん、本当にそれだけ。

『溶けた練乳アイス』

本当にあったアイスがモデルになっているの。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883640566



次は、何だろう。簡単にいうと、子供と大人、シガレットと夢の話。
眠れない人にオススメしているの。(逆に眠れなくなったら、ごめんなさい)

『夢うつつ』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054883736819



次は、珍しくコメディ。うそ、笑えるやつ結構書いてるけど、これは一番笑える気がする。千文字ぴったりで短いの。

『ヤットリさん、僕の願いを叶えてください』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054883793756



次は、牛乳の話。牛乳って、美味しいよね。これははじめ、普通に読んでから、演説しながら読み返すのが、オススメ。主人公になりきるべし。

『牛乳パックを垂らす』

よく意味のわからない、タイトルよね。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883873127



これは、個人的に一番『私』している。一番好き。

『爪に色を塗る』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054883964551




次は、友人にタイトルを考えてくれたもの。作者自身は、たけのこでも、きのこでも、さつまいもでも、美味しいものはみんな好き派です。

『ラムネの中身』

安直的なタイトルよね。好き。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054884044430



最後に、これ。あまり読まれていないけど、気に入ってる。

『麻にも濡れつつ』

タイトルがすごい好き。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883480378



はい、これで以上。
本当いうと、全部好きなんだけどね(笑)
ずっと書こう、書こうと思っていたから、もう満足。

では解散。