フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

お久しぶりではないかもしれません。
でも。お久しぶりのかたはお久しぶりです。

今回の近況ノートは表題の通り『ひとりぼっちのソユーズ』という作品についてです。少し各作品のネタバレがあるんですけど、ネタバレを読んでも特に問題ないと思うので興味のある方はぜひ最後までどうぞ!

なんでこんなノートを書いたのかというと、ここ最近書いている作品のほとんどが『ソユーズ』の世界観で書いたスピンオフ的なお話しだからです(カラーやジャンルは結構違うんですけど)

まず『ひとりぼっちのソユーズ』は、SFで恋愛がメインの話です。基本的にこの作品が全ての軸となっています。本筋と言うやつですね。第三部『オデュセイアの恋人』で『ループ物』っぽい展開になります。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054880552117

続いて本筋の時系列を引き継いだ物語が二つあります。

『アキレウスの盾』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054882083855/episodes/1177354054882629213

『わたし、月、幼年期。そして、あなた』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054882083855/episodes/1177354054882103003

『アキレウス』は、『ソユーズ』の『第二部』から『第三部』の間のあたりの短い物語で、本編の脇役を主役に据えたSFミステリー仕立ての短編です。

『わたし、月』は、『ソユーズ』本編のその後の話で、本編のキャラクターは登場しません。長さ的には長編の部類に入る、月が舞台の百合っぽい物語です。

ここまでが『ソユーズ』の同一の世界観で書かれた話です。

この二作品とは別に、もう二作品『ソユーズ』と同一の世界観でありながら、別の時間軸(分りやすく言うと世界線!)の物語があります。

『ホームランド・スタンドアローン』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054882802929

『ストラトスフィア・マキア/レコード』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054883391272

『ホームランド』は『ソユーズ』本編で月面の開発に失敗をしてしまい、人類の未来が閉ざされた世界での物語です。『ソユーズ』の主人公であるスプートニク少年が繰り返した世界の一つ、その未来の姿だと思っていただけると分かりやすいと思います。兵器として生まれた子供たちの交流とその真実を描いています。

『ストラトスフィア』は『ホームランド』のさらに未来の話で、戦闘機(ロボ)に乗って戦う少年少女の物語です。正直毛色がぜんぜん違うので、びっくりするかもしれません。ロボットアニメの好きな部分をふんだんにオマージュしてアルマゲドン仕立てにしています!

とまあ、こんな感じの作品群なのですが、各作品は独立しているので、どれから読んでも大丈夫です。



ソユーズ
 ↓
トラック1
 ↓
トラック2
 ↓
アキレウス
 ↓
トラック3
 ↓     → (別世界線βへ)  
わたし、月   

(別世界線β)        
 
ホームランド
 ↓
ストラトスフィア


時系列的を表にするとこんな感じで、分りやすく(?)説明するとこんな感じです。まだまだこの世界観を引き継いで書くかもしれませんし、いい加減全く違う何かを書くかもしれません。とまあ、今後のことは未定です。

そして、これで君もソユーズマスターだ!!

今回の近況ノートはこんな感じですす
かしこー

6件のコメント

  • Twitterでもコメントさせて頂きましたが、わたし、こうした「ひとりシェアードワールド」的な作品展開が大好物でして。
    先ほど本編は読了させて頂きましたが、今後、関連作品も順次追わせて頂きます!

  • 読了ありがとうございます!

    一晩で読んでいただけると思っていなかったので、朝コメントを見て驚きました。全作品の文字数は40万字を越えているのでゆっくり読み進めて頂ければと思います(´;ω;`)ブワッ

  •  七瀬さん、こんにちは。

     さきほど「ストラトスフィア・マキア/レコード」の高度に関するコメントを削除させていただきました。

     ぼくの書き方が悪かったかもしれないのですが、あの場面での高度五千の単位はキロメートルということですよね? 記述では単位がメートルになっていたので、低いのでは?と。

  • すいません、完全に僕が意図を認識できていませんでした……
    折角丁寧にご指摘いただいたのに、二度手間をかけさせてしまい申し訳ありません。

    すぐに五千キロメートルに直してきますー!!

  • 七瀬様、この度は拙作『丸を描く』にご丁寧なレビューをありがとうございます。レビューを頂くとより良い物を書きたいという気持ちになります。

    『ひとりぼっちのソユーズ』をかなり前から少しずつ読ませて頂いています。すごく琴線に触れる文体で一気に読みたいけれどじっくり味わってしまいます。

    ところでお名前は夏の扉からでしょうか?
    なんだか無性に懐かしいsfが読みたくなりました。

    ではでは、今回はこれまでに。長文失礼いたしました。

  • 帆場さん、近況にコメントありがとうございます!
    『丸を描く』とても面白かったです。本当に怪談を聞いているような気持ちになりました。

    ソユーズを読んでくださってありがとうございます。僕のペンネームは恐れ多くも『夏への扉』から拝借させて頂きました。ハインライン御大が好きなので。

    それではー



コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン