平成が終わるということのなので、近況ノートを書きます!
2018年の振り返り的な感じです。

去年の12月に「ひとりぼっちのソユーズ」を出版してほぼほぼ一年経ったのですが、2018年はイマイチ良いお知らせができないもどかしい年となってしまいました。奮わなかった年と言えばそうなのですが、今までとくに奮った年があったわけではないので、通常運転の一年だったのかなあと……

来年は何か良いご報告ができればいいのですが。

今年一年書いたものを紹介します。

「女性だけの街」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054885155758
ユートピア≒ディストピアな世界を、ジェンダーや差別を絡めて書いたSFです。セックス専用のアンドロイドの男の子が主人公の物語で、かなりうまく書けたと思っています。色々なSF作品のオマージュがつまっているので、古い海外SFが好きな人には楽しんでもらえると思います。

「マリア様がみてるの二次創作」
https://syosetu.org/novel/154464/
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9485978
別サイトに掲載したマリア様がみてるの二次創作です。人生初の二次創作なんですけど「マリみて」好きな人にはかなり楽しんでもらえる内容だと思います。瞳子ちゃんが妹をつくる話です。「マリみて」は僕が一番ハマったラノベです。僕が読んで頃はラノベとは呼ばれていませんでしたが…

「『未昔雑誌』掲載のSF短編」
https://twitter.com/nowar1024/status/1067401849815232512
これは同人誌に寄稿した二万五千字くらいの短編です。「記憶消去」という嫌な記憶を簡単に消すことができるようになった近未来で、頭の中に存在する知らない女の子を探しに行くというエモい物語です……いつかカクヨムにも上げようかなあと思ってます。

他にも色々書いてて今年だけで60~70万字くらいは文章を書いたと思うのですが、いつかお見せできる日はがくればいいなあと思っています。今僕の中で「怪獣」がアツくて「ボーイミーツガール的な怪獣もの」を書いてたりもするので、それをカクヨムにのせたいなあなんて思っています。(完全にグリッドマンの影響なんですけど実はアネモネを映画館で見て閃きました……)

あと、今年はプロットをたくさん書いてみたんですけど、プロットというのは正直謎な存在だなあと認識した年でもありました。プロットにした瞬間に物語がつまらなそうに見える、話が膨らまなくなるという呪縛にかかっている気もします……やっぱり最初の一行から閃いて、主人公と同じ目線で物語を書いていく、自分も読者になりながら物語を進めるというのが一番書きやすい気がするなあと。ちなみにカクヨムに掲載している作品は、全てプロットなしの一発書きです。(これを克服しないとダメなんですけどね)

そんな感じの2018年でした!

僕の小説を読んで下さった皆さん、今年一年間本当にお世話になりました。たくさんのコメントや感想、レビューなどをいただけでそれを励みに何とかやってこれた一年間でした。「ひとりぼっちのソユーズ」の感想などもたくさんいただけで、一年たった今でも感想をもらえたりするのは本当に嬉しい限りです。

まだ読んでいないよって方は、よろしかったらのぞいてみてください!
http://www.fujimishobo.co.jp/sp/201712soyuz/
https://kakuyomu.jp/works/1177354054880552117

来年もよろしくお願いいたします。
なにとぞですー!!

3件のコメント

  • 今年もおつかれ!来年もよろしくお願いします~"(ノ*>∀<)ノ

  • 深水さんコメントありがとうございます! 
    今年一年間もほんとうにお世話になりました。来年も、そして今後とも、よろしくお願いいたしますー"(ノ*>∀<)ノ

  •  初めまして。こちらにひっそりコメントします。なんとなく聞いてもらえたらと思います。

     衝撃のエッセイ、たまたま目にして気になったので拝読しました。それで・・・。

    「そして最悪なことに、どうやったらプロットが通るか? というろくでもない考えしか湧いてこないのです。」

     この一文を見た時、七瀬さんが、本来はちゃんと信念とプライドを持って創作活動をされている方とうかがい知れた気がしたので、一言伝えたいと思い・・・。

     小説の方の話になりますが、たくさんの純粋なファンのためにも、そのプライド(個性)は持ち続けて欲しいと思いました。不本意に違うものを出して、世間から自分という人間を誤解されずに済んで良かったのでは、とさえ個人的には思ってしまいました。

     でも、業界にちょっと詳しい知り合いの話、七瀬さんが自身に必死で言い聞かせたことは、やはり業界ではむしろ普通のことらしいです。そんな中で熱意ある親切な編集者と組めるというのは、そうとう幸運なんでしょうね(その編集者さんにもいろいろあったと思いますが)。

     けれど、書籍化だけでも、作家志望の多くには夢のまた夢。七瀬さんは、それを果たした立派な作品をお持ちです。ですから、アニメ化というのも潰えたわけではないと思いますし、何年先も表立って残る宝物があること、いいなと思います。私は伝えたいから小説を書いているので、全てにおいて幸運でなければ意味がなく・・・だから、儲け主義(ビジネスなので悪い意味ではありません)の業界で叶うとすれば奇跡です。

     それから、あんな素敵なイラストが似合うお話なら読んでみたいとも思いました(検索して表紙だけ見ました)。ただ、できれば七瀬さんの原案・原作を。それでは・・・。
     

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン