すみませんでした。5月はGW終わってから仕事と用事でほぼ隙間なく埋まっており、単純に執筆の体力が確保できませんでした。この場を借りてお詫びを申し上げます。

フランベルジュの今回の話は……実は前半の頃から描写だけはしていたカストロの本格的な対戦回でした。
以前カストロが発揮していた力、そして回想で涼を通して未来を見て楽しんでいたカストロの力が此処で明かされました。
この対決は、むしろ攻略されたことでカストロも気持ちが上向いた形になっています。
作中で明確に示していますが、カストロは涼と本格的な敵対自体はしていませんし、エルヴィンが被害を被ることもよしとしていません。

一方、広瀬涼を間接的に害してきたバロックス。彼の暗躍が遂に形を以て動き出しています。
今後のエルヴィンの物語、広瀬涼も無事に襲い来る乗り越えられるのか……ご期待頂ければ幸いです。