今僕が書ける、もっとも辛気臭い小説だと思ってます。
作品について語るのは野暮というか、基本的に作品の中で全てを語っているつもりなのであんまりいう事はないのですが、強いていうなら無節操な第一章をある程度記憶に留めていただいて第二章・第三章と読んでいくと、思考の変化や矛盾、合理的ではない判断など、人間らしい理路整然としないものが見えやすいのではないかと思います。
お楽しみ、というより、イライラしていただければ幸いです。
読後感が良い。それだけが、真に良いと僕は思いませんので。