題は、「殺人あってのカーニバル〜巴里虹が見た流音一政〜」です。
カニバリズムという、一度取り扱ってみたかったテーマ。

カニバリズムは、Wikipedia先生によると大きく二つに分けられているそうです。
社会的行為であるか、社会的行為でないか。
そのへんをしっかり把握して書いていきたいと思います。

しかし食人というテーマなので、倫理的にいかがだろうか……という部分があるかもしれませんので、あらすじ部分に注意文をつけさせて頂きました。

文体は比較的軽めにしていこうと思っていますので、今までの僕の作品の文体が合わなかった人にも読んでもらえたらと思うのですが、そんな人は僕の近況ノートを読んでいない!!
ここ読んでくれてる人、大好き!!
あいらびゅー